[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

R-1グランプリにも出場した元五輪代表候補「熱い男あつし」 筋トレは「究極のアンチエイジング」

昨年12月に東京・TFTホールで開催された“夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」のJAPAN PRO GRAND PRIX。プロ資格を持つ肉体美自慢が全国から集結し、38歳の上野あつしはスポーツモデル部門ショートクラス(170センチ以下)で4位入賞だった。芸名「熱い男あつし」でR-1グランプリに出場したこともある元ウインドサーフィンの五輪代表候補。盛り上げ隊長を自認する“ホットマン”にトレーニングの魅力を聞いた。

スポーツモデル部門ショートクラスで4位に入賞した上野あつし【写真:徳原隆元】
スポーツモデル部門ショートクラスで4位に入賞した上野あつし【写真:徳原隆元】

各コンテストで輝く選手たちを紹介「ボディコンテスト名鑑#59 上野あつし」

 昨年12月に東京・TFTホールで開催された“夏が一番似合う男性・女性”を決めるボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)」のJAPAN PRO GRAND PRIX。プロ資格を持つ肉体美自慢が全国から集結し、38歳の上野あつしはスポーツモデル部門ショートクラス(170センチ以下)で4位入賞だった。芸名「熱い男あつし」でR-1グランプリに出場したこともある元ウインドサーフィンの五輪代表候補。盛り上げ隊長を自認する“ホットマン”にトレーニングの魅力を聞いた。

 ◇ ◇ ◇

――もともとウインドサーフィンの北京五輪代表候補だったとか。

「はい、大学生の時にインカレで優勝して代表の選抜候補になりました。その当時は筋トレはしていなかったんですが、引く動作の競技だったので、その時に僕の売りである背中のベースができたかなと思います」

――ボディコンテストに転向するきっかけは。

「社会人になってトレーニングをしなくなるとやっぱり太ってしまって。ダイエット目的でジムに行ったら、トレーナーさんからこういうのがあるよ、と言われて始めたのが2017年でした」

――コンテストに向けてトレーニングを始めて大変だったことは。

「機能性ではなく『見せる筋肉』をつける感じなので、最初は(これが)求められている筋肉だと分かるまでに時間がかかりました。好き勝手にやっていて順位が伸びなかったので、ボディメイクの筋トレを分かるようになるまで苦労しました」

――逆に始めてから楽しかったことは。

「やっぱり自分の見た目がどんどん良くなっていくこと。38歳になるんですが、38年間生きてきて今が一番良い体という自覚があります。究極のアンチエイジングだと思います。大会に出るとそれこそ20歳の方々と並ぶことも。年齢の垣根を越えて、職業も関係なく仲間だな、同士だなと思えるところが本当に始めて良かったなと思います」

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集