[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴロフキン、一方的過ぎるKOに米記者ミスマッチ指摘「トラック対三輪車のような試合」

ボクシングのIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)は18日(日本時間19日)、同級3位の指名挑戦者カミル・シェルメタ(ポーランド)を7回終了TKOで破り、初防衛に成功した。ゴロフキンはミドル級で通算21度目のタイトル防衛を達成。バーナード・ホプキンス(米国)を上回り歴代最多となった。ゴロフキンの戦績は41勝(36KO)1敗1分け。初黒星のシェルメタは21勝(5KO)1敗。

7回終了TKO勝ちで、通算21度目のタイトル防衛を達成したゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】
7回終了TKO勝ちで、通算21度目のタイトル防衛を達成したゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】

4度ダウンを奪う完勝、米記者からは称賛とともにミスマッチの指摘も

 ボクシングのIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)は18日(日本時間19日)、同級3位の指名挑戦者カミル・シェルメタ(ポーランド)を7回終了TKOで破り、初防衛に成功した。ゴロフキンはミドル級で通算21度目のタイトル防衛を達成。バーナード・ホプキンス(米国)を上回り歴代最多となった。ゴロフキンの戦績は41勝(36KO)1敗1分け。初黒星のシェルメタは21勝(5KO)1敗。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 まさにワンサイドだった。1年2か月ぶりにリングに上がったゴロフキン。序盤からエンジン全開だ。1回、終了間際に相手の左をかいくぐって、左フックを直撃させいきなりダウンを奪う。2回にも2度目のダウンを奪うなど、序盤から一方的な展開となった。

 4回にも左で倒したゴロフキン。シェルメタも粘るが、7回には左のジャブで4度目のダウン。このラウンド終了後にシェルメタが棄権。ゴロフキンが初防衛に成功した。

 38歳で健在ぶりを見せつけたゴロフキン。米記者からは見事な内容を称賛する声とともに、ミスマッチも指摘されている。

 米専門誌「ザ・リング」のダグラス・フィッシャー編集長は「GGGはこの戦いを支配し、素晴らしいものを見せてくれた。しかし彼は最後の2回は息切れし、腕も止まっていた。それでも彼と彼の陣営を称賛したい。この勝利によって、彼は2021年にビッグマッチを行うことになるかもしれない」とツイート。一定の評価を下した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集