[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伝統の早慶戦、王者・早大が29-14で4強 黄金ルーキー・伊藤大祐が50m独走トライ

全国大学ラグビー選手権準々決勝が19日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、連覇を目指す早大が慶大に29-14で勝利を収めた。昨年度は11季ぶりに優勝し、復活を印象づけた王者。17度目の日本一へ、準決勝は1月2日に同会場で行われる。

早大・伊藤大祐【写真:荒川祐史】
早大・伊藤大祐【写真:荒川祐史】

大学選手権準々決勝

 全国大学ラグビー選手権準々決勝が19日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、連覇を目指す早大が慶大に29-14で勝利を収めた。昨年度は11季ぶりに優勝し、復活を印象づけた王者。17度目の日本一へ、準決勝は1月2日に同会場で帝京大と対戦する。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 序盤から早大が主導権を握った。前半5分。右サイド残り25メートル付近のスクラムから最後は主将のNO8丸尾崇真が抜け出して先制トライを決めた。5-0の14分には、残り5メートルを切ったラックから右に展開し、大外のWTB槇瑛人がトライ。10-0と差を広げると、20分には中央のハーフウェイライン付近で1年のCTB伊藤大祐がこぼれ球を拾い、約50メートルの独走トライを決めてみせた。

 昨年度の花園で初の単独優勝を成し遂げた神奈川・桐蔭学園高で主将を務めたスーパールーキー。公式戦初先発で仕事を果たすと、会場から大きな拍手が鳴り響いた。26分に慶大にトライを許したが、36分に再び槇のトライで突き放し、24-7で前半を終えた。

 後半は開始から慶大が猛攻。12分にCTBイサコ・エノサのトライとFB山田響のコンバージョンで14-24とした。しかし、21分に残り22メートル、正面やや右からのペナルティゴール(PG)を山田が失敗。その後は一進一退の攻防が続き、終了間際に早大はWTB古賀由教がトライを決めて逃げ切った。

 早大は11月23日の対抗戦で慶大に22-11で勝利していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集