[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カネロに完敗スミス 負傷した“異様な左腕”に英紙注目「ゾッとするほど腫れた腕」

ボクシングのカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)が19日(日本時間20日)、米テキサス州でWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)に3-0で判定勝ちした。リーチは19センチ下回ったが、強打で圧倒。スミスは左腕を負傷し、試合後には腕が大きく腫れ上がった。英紙「ザ・サン」は画像付きで「ゾッとする腫れ方」と報じている。

サウル・アルバレス(左)に敗れたカラム・スミス【写真:Getty Images】
サウル・アルバレス(左)に敗れたカラム・スミス【写真:Getty Images】

PFP1位カネロに判定負け、試合中に負傷したスミスの左腕の大きさが…

 ボクシングのカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)が19日(日本時間20日)、米テキサス州でWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)に3-0で判定勝ちした。リーチは19センチ下回ったが、強打で圧倒。スミスは左腕を負傷し、試合後には腕が大きく腫れ上がった。英紙「ザ・サン」は画像付きで「ゾッとする腫れ方」と報じている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 身長173センチ、リーチ179センチのカネロに対し、スミスは身長191センチ、リーチ198センチ。それぞれ18、19センチ差の不利をカネロが跳ね返した。序盤からガードを固めつつ、圧力をかけて重い拳を連打。ガードの上からお構いなしにパンチを打ち続け、終盤は相手をサンドバッグ状態にしてみせた。

 大差判定勝ちを飾ったが、試合後はスミスの左腕が注目されている。試合途中に負傷したようで、上腕の外側が異様に腫れ上がっていたのだ。左右を見比べると一目瞭然。画像付きで報じた同紙は「カラム・スミスは、カネロ・アルバレスに敗れ、二頭筋断裂が疑われる中、ゾッとするような腫れた腕で会場を後にした」の見出しで記事を掲載。こうつづっている。

「彼(スミス)は試合後のインタビューで、4回に左腕に怪我を負ったことを示唆した」「もし本当であれば、リバプール出身のボクサーはほぼ確実にクリスマス休暇中に手術が必要になるだろう」

 激闘の影響なのか、カネロの拳によるダメージなのかはわからない。権威ある米専門誌「ザ・リング」の階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で1位に君臨するカネロとの一戦。ただの負けでは終わらなかったようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集