[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

朝日杯FS、サリオス超えのレコード決着にファン驚き「まさか1勝馬が勝つとは…」

競馬のG1朝日杯フューチュリティステークス(阪神・芝1600メートル)は20日、川田将雅騎手騎乗の7番人気グレナディアガーズ(牡2、栗東・中内田)が優勝。昨年、サリオスが記録したタイムを上回る1分32秒3という2歳コースレコードで制した。1勝馬が演じた快勝に対し、ネット上のファンも「まさか1勝馬が勝つとは…」「サリオス超えてのレコードとかヤバい」と驚いている。

朝日杯FSは7番人気グレナディアガーズが優勝した(写真はイメージです)
朝日杯FSは7番人気グレナディアガーズが優勝した(写真はイメージです)

7番人気グレナディアガーズが1分32秒3の2歳コースレコードで優勝

 競馬のG1朝日杯フューチュリティステークス(阪神・芝1600メートル)は20日、川田将雅騎手騎乗の7番人気グレナディアガーズ(牡2、栗東・中内田)が優勝。昨年、サリオスが記録したタイムを上回る1分32秒3という2歳コースレコードで制した。1勝馬が演じた快勝に対し、ネット上のファンも「まさか1勝馬が勝つとは…」「サリオス超えてのレコードとかヤバい」と驚いている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 未勝利戦から連勝、しかも2歳コースレコードというおまけつきでグレナディアガーズが2歳マイル王となった。スタートから好位の内5、6番手につけた白い帽子。前半1000メートル56秒台とやや速いペースながら徐々に押し上げ、3番手で直線へ。逃げるモントライゼを残り1ハロンでかわすと、あとは中団から追い込んだステラヴェローチェ、レッドベルオーブの人気馬両頭を封じる横綱相撲で勝った。

 表示された勝ちタイム1分32秒3は昨年の勝ち馬サリオスがマークした2歳コースレコード1分33秒0を0秒7も上回る高速タイムだ。それも、11月7日の未勝利戦から連勝、重賞初挑戦の4戦目で演じた快挙。ネット上のファンも「まさか1勝馬が勝つとは…」「大器の予感」「素晴らしい筋肉」「走り方が格好良い」「サリオス超えてのレコードとかヤバい」と驚いた様子だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集