[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴロフキン、とどめはジャブ 一方的な“4連続ダウン動画”に米驚愕「残酷なパワー」

ボクシングのIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)は18日(日本時間19日)、同級3位の指名挑戦者カミル・シェルメタ(ポーランド)を7回終了TKOで破り、初防衛に成功した。ゴロフキンはミドル級で通算21度目のタイトル防衛を達成。バーナード・ホプキンス(米国)を上回り歴代最多となった。米メディアではシェルメタの戦意を奪った、7回のジャブでのダウンなど4度のダウンシーンをハイライト動画で公開。米ファンからは「速すぎる」「残酷なパワー」などと驚きの声が上がっている。

7回終了TKO勝ちで、通算21度目のタイトル防衛を達成したゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】
7回終了TKO勝ちで、通算21度目のタイトル防衛を達成したゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】

シェルメタから4度ダウン奪い完勝、米ファンからは称賛続々

 ボクシングのIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)は18日(日本時間19日)、同級3位の指名挑戦者カミル・シェルメタ(ポーランド)を7回終了TKOで破り、初防衛に成功した。ゴロフキンはミドル級で通算21度目のタイトル防衛を達成。バーナード・ホプキンス(米国)を上回り歴代最多となった。米メディアではシェルメタの戦意を奪った、7回のジャブでのダウンなど4度のダウンシーンをハイライト動画で公開。米ファンからは「速すぎる」「残酷なパワー」などと驚きの声が上がっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 ゴロフキンはやっぱり強かった。1年2か月ぶりのリングもブランクはまるで感じさせない。1、2、4回にダウンを奪う一方的な展開。そしてとどめは7回だ。何とか踏ん張ってきたシェルメタに対し、ゴロフキンは左のジャブを続けざまに当てる。堪え切れない挑戦者はキャンバスに尻餅。何とか立ち上がり、この回を終えたが、コーナーに戻るともう戦う気力は残っていなかった。

 8回開始のゴングを聞くことなく棄権。ゴロフキンが圧倒的な力の差を見せつける格好となった。米スポーツチャンネル「DAZN」のボクシング専門ツイッターは「GGGは一晩中、一定のパフォーマンスを保った」と評して動画を投稿。これに米ファンからは「速すぎるだろ」「クレイジーな技術だ」「未だ最高のボクサー」「強いGGGが戻ってきた」「一流の技だ」「残酷なパワーだ」などと称賛が集まっている。

 米記者からはミスマッチを指摘する声もあったが、そう感じさせたのはゴロフキンの強さ。19日(日本時間20日)にリングに上がるカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)との3度目の対戦が楽しみになったことは間違いない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集