[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

無名の高校から大学→NPB→MLBへ 今永昇太が壁を越えられる理由、会社員でも出世しそうなメタ認知

米大リーグのカブス・今永昇太投手が1日(日本時間2日)、敵地メッツ戦で7回3安打無失点、7奪三振の快投を演じ、無傷のデビュー5連勝を飾った。防御率0.78でMLB全体トップに浮上。これまでメジャーの壁に跳ね返された選手は少なくないが、高校、大学、NPBとステージが上がっても活躍し続けられる理由は何か。今永の大学時代をはじめ、多くのアスリートを取材してきた編集部記者は、技術だけではない“伸びるアスリート”の内面に共通項を見出した。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

メッツ戦で今季5勝目を挙げたカブスの今永昇太【写真:ロイター】
メッツ戦で今季5勝目を挙げたカブスの今永昇太【写真:ロイター】

無傷5連勝で防御率メジャーNo.1に…かつて取材した記者が感じる「メタ認知」の高さ

 米大リーグのカブス・今永昇太投手が1日(日本時間2日)、敵地メッツ戦で7回3安打無失点、7奪三振の快投を演じ、無傷のデビュー5連勝を飾った。防御率0.78でMLB全体トップに浮上。これまでメジャーの壁に跳ね返された選手は少なくないが、高校、大学、NPBとステージが上がっても活躍し続けられる理由は何か。今永の大学時代をはじめ、多くのアスリートを取材してきた編集部記者は、技術だけではない“伸びるアスリート”の内面に共通項を見出した。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 ◇ ◇ ◇

 今永昇太は「投げる哲学者」と呼ばれる。

 DeNA入団1年目から「援護がないという言い訳は防御率0点台の投手だけが言える」など数々の名言を残し、その異名が次第に定着。しかし、メディアが多用しやすいキャッチーなフレーズの本質をひも解くと、今永を他の選手と最も隔てるものは、思考の客観性にあると思う。最近の言葉で言えば、メタ認知だ。

 大学時代に初めて彼を取材して以来、感じていたのは、自分を“もう一人の自分”が俯瞰しているような語り口と考え方。

 DeNAに入団当初、投手陣がバント練習をする打撃ゲージで一人、なぜか投球をカットする練習を繰り返していた。理由を聞くと明快。「僕が投手の立場として、相手の投手に打席で一番やられたら嫌なのが、ファウルで球数が増えること。だから、練習しています」

 お立ち台で「最高です!」と判で押したようなセリフを使う選手が少なくないが、今永はとにかく印象的なフレーズが多い。「僕が野球を見る立場では、選手の言葉が『うれしい』『悔しい』だけじゃ選手に興味が持てない。だから、言葉に温度をつけたいんです」

 その思考は、競技力を伸ばすという視点にも置き換えられる。

 全国的には無名の北筑高(福岡)出身。強豪・駒大を経て、ドラフト1位でプロ入り、そしてメジャーへ。カテゴリーが上がるごとに、武器としていたスペックだけでは通用しなくなる。多くのアスリートはそれを「壁」と表現し、乗り越えられた者だけが生き残り、そうでない者が去っていくがスポーツの常。

 今永は高校1年生の頃の自分を「ただ左で投げるだけの投手」と言った。そこから、その時その時の組織やステージで自分の何が通用し、何が足りないのか。生き残るために何が求められるのか。“もう一人の自分”が自分を分析し、戦略を立てる。その能力が人一倍高いから、キャリアを切り開くことができた。

 メジャーでも空振りが取れる回転率の高いストレートなどの技術、それを支えるフィジカルの進化はもちろんのこと、特有の思考がカテゴリーごとに立ちはだかる壁を乗り越えられる理由とも無関係ではない。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集