[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

代表選手不在の柔道全日本選手権 令和に問われる変化、「エベレストより高い富士山」をもう一度

「エベレストよりも高い富士山」――。4月29日に東京・日本武道館で行われた柔道の全日本選手権。かつて、そう呼ばれたことがある。五輪や世界選手権の金メダルよりも難しい全日本の優勝。日本一にならないまま84年ロサンゼルス五輪95キロ超級で金メダルを獲得した斉藤仁が、父親から告げられた「いい気になるな。エベレストに登ったかもしれないが、富士山には登っていない」のエピソードがもとだ。

1985年の全日本柔道選手権で9連覇した山下泰裕(左)と斉藤仁【写真:産経新聞社】
1985年の全日本柔道選手権で9連覇した山下泰裕(左)と斉藤仁【写真:産経新聞社】

スポーツライター・荻島弘一氏のコラム

「エベレストよりも高い富士山」――。4月29日に東京・日本武道館で行われた柔道の全日本選手権。かつて、そう呼ばれたことがある。五輪や世界選手権の金メダルよりも難しい全日本の優勝。日本一にならないまま84年ロサンゼルス五輪95キロ超級で金メダルを獲得した斉藤仁が、父親から告げられた「いい気になるな。エベレストに登ったかもしれないが、富士山には登っていない」のエピソードがもとだ。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 84年大会までは、五輪に最重量の95キロ超級と体重制限のない無差別級があった。斉藤は無差別級の山下泰裕(現・JOC会長)とともに金メダルを手にした。しかし、全日本の優勝者は1人。翌85年、2人は3年連続決勝で対戦した。五輪王者同士の初対決は旗判定で9連覇を達成した山下が209連勝のまま引退。斉藤の全日本優勝はケガもあって88年の1回だけで「富士山は、やっぱりエベレストより高いってことよ」と漏らした。15年に54歳で亡くなった斉藤の言葉が、頭から離れることがはない。

 柔道の全日本選手権が始まったのは1948年。五輪競技となる64年東京大会よりも16年も前だ。65年からは東京五輪のために建設された「聖地」日本武道館での開催となり、75年からは開催日が天皇誕生日(現・昭和の日)の4月29日に固定された。以来、半世紀近く「4.29日本武道館」(新型コロナ禍の20、21年を除く)が続く。

 もともと、柔道は体重無差別で争うもの。「柔よく剛を制す」は柔道の真理で「小よく大を制す」ところに醍醐味でもある。当初、五輪や世界選手権の体重別競技は受け入れられず、全日本こそが唯一無二の大会だった。

 64年に体重78キロで全日本王者になった「昭和の三四郎」岡野功は、同年の東京五輪中量級金メダルを「通過点」と話し「無差別こそが柔道」と言い切った。72年に岡野以来の中量級全日本王者になり、同年のミュンヘン五輪で優勝した関根忍は「金メダルは全日本優勝のおまけ」。敗者復活戦(当時)を勝ち上がっての金メダルだったこともあり「五輪はこりごり、2度と出たくないと思った」とまで話していた。

 伝説は続く。90年には前年の世界選手権71キロ級優勝の「平成の三四郎」古賀稔彦が出場。100キロ超の相手を次々と破った。決勝では95キロ超級世界王者の小川直也に敗れたものの、準優勝。観客席の通路を女性ファンが埋めた。94年決勝では優勝に執念を燃やす金野潤が五輪78キロ級金メダリストの吉田秀彦と対戦。壮絶な死闘が、武道館を凍り付かせた。その後も篠原信一、井上康生、鈴木桂治、石井慧ら五輪、世界王者が大会を沸かせた。

1 2 3

荻島 弘一

1960年生まれ。大学卒業後、日刊スポーツ新聞社に入社。スポーツ部記者としてサッカーや水泳、柔道など五輪競技を担当。同部デスク、出版社編集長を経て、06年から編集委員として現場に復帰する。山下・斉藤時代の柔道から五輪新競技のブレイキンまで、昭和、平成、令和と長年に渡って幅広くスポーツの現場を取材した。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集