[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カネロが貫録の判定勝ち リーチ差19cmもなんの、1年1か月ぶり試合でPFP1位の実力証明

ボクシングのカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)が19日(日本時間20日)、米テキサス州でWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)に3-0判定勝ちした。同級の団体内王座統一に成功。権威ある米専門誌「ザ・リング」の階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で1位に君臨する最強王者が、約1年1か月ぶりのリングで強さを見せつけた。

カラム・スミスに3-0判定勝ちしたカネロことサウル・アルバレス【写真:Getty Images】
カラム・スミスに3-0判定勝ちしたカネロことサウル・アルバレス【写真:Getty Images】

PFP1位カネロが団体内王座統一に成功

 ボクシングのカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)が19日(日本時間20日)、米テキサス州でWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)に3-0判定勝ちした。同級の団体内王座統一に成功。権威ある米専門誌「ザ・リング」の階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で1位に君臨する最強王者が、約1年1か月ぶりのリングで強さを見せつけた。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 身長173センチ、リーチ179センチのカネロに対し、スミスは身長191センチ、リーチ198センチ。それぞれ18、19センチ差の不利をPFPキングが跳ね返してみせた。序盤からガードを固めつつ、圧力をかける。ジャブやボディーストレートなどで重い拳をぶつけ続けた。ガードの上からお構いなしにパンチを打つと、長身のスミスも揺らぐほどの威力。迫力あるボクシングで観衆を熱狂させた。

 ロープに追い詰め、ガードの間からアッパーを入れる場面が目立つ。中盤、時折スミスが連打で攻めるが、カネロは素早い身のこなしで大きなダメージを受けることはなかった。9回、ロープを背にする相手にカネロが連打。上下に強打を浴びせた。決定的な一撃は見せられなかったが、終盤は相手をサンドバッグ状態にして実力差を示した。

 リング誌PFPで1位のカネロは、2位のWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の上に君臨している。この試合前まで53勝(36KO)1敗2分けでWBA世界ミドル級スーパー王座、WBC世界同級フランチャイズ王座も保持。スミスは2018年9月にワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のスーパーミドル級で優勝し、27勝(19KO)で無敗を守っていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集