[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バドミントンのニュース一覧

  • 桃田賢斗ヒヤリ「負け試合を拾った」 V候補が3回戦で思わぬ大苦戦

    2018.08.02

    冷や汗が流れた。バドミントンの世界選手権は2日に第4日を行い、桃田賢斗(NTT東日本)は男子シングルス3回戦でデンマークの選手を下して、ベスト8入りを決めた。勝つには勝ったが、危うい試合だった。桃田は「自分も少し負けを覚悟した。今日は、1回、負けゲームを拾ったという気持ちで、明日からはもっと死に物狂いで頑張りたい」と苦戦を認めつつ、次戦での修正に気持ちを切り替えていた。翌3日の準々決勝を勝てば、メダルの獲得が決まる。

  • 五輪金のタカマツ、日本勢対決で完敗 入らなかった気持ち「悔いとかは特にない」

    2018.08.02

    五輪で金メダルに輝いたペアに元気がない。バドミントンの世界選手権は2日、中国の南京市ユースオリンピック公園アリーナで第4日を行い、女子ダブルスの3回戦に出場した高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は、松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)にストレートで敗れた。前日の2回戦でも、リードしていた第2ゲームをひっくり返されて落とすなど、戦いぶりは不安定だった。注目された日本勢対決も、相手の強打に押され続け、時折、攻撃に回ってもミスが続出し、試合の流れをつかめないまま敗れ去った。

  • エアコンのせい? 天井から水滴、試合中コート移動… 中国・世界バドでドラブル続出

    2018.08.01

    世界一を決める崇高な大会とは思えない光景だった。バドミントン世界選手権は1日に第3日を行ったが、センターコートにトラブルが発生した。

  • 長身ペアの松本&永原、W難関突破 次戦タカマツと対戦「自分たちを信じていく」

    2018.08.01

    初戦と敵地、2つの難関を乗り越えた。バドミントン世界選手権は1日、大会第3日を行い、女子ダブルスで初出場した松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)は、2回戦で世界ランク25位の中国ペアを下して大会初勝利を飾った。

  • 常山幹太に漂うブレイクの予感 因縁の相手撃破で16強「自分だけ負けるのは嫌」

    2018.08.01

    西本が勝ち、桃田が勝った。オレだけ置いていかれるのは、御免だ。バドミントン世界選手権は1日、中国・南京市ユースオリンピック公園アリーナで第3日を行い、男子シングルスの常山幹太(トナミ運輸)は、2回戦で第12シードのアンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア)をストレート(21-17、21-13)で破ってベスト16入りを果たした。

  • 佐藤冴香が初戦突破 次戦はリオ五輪金メダリストと左対決「相手よりも暴れ回る」

    2018.07.31

    バドミントンの世界選手権は31日に中国・南京市ユースオリンピック公園アリーナで第2日を行い、女子シングルスの佐藤冴香(ヨネックス)は、2回戦でマレーシアの選手をストレート(21-15、21-11)で下して初戦を白星で飾った。試合後は「昨年は1回戦で負けてしまったので、勝てて良かった。緊張はもちろんしましたけど、世界選手権では格下の選手でも粘って食らいついてくるというイメージを持って、簡単には勝てないと思っていたので、焦ることはありませんでした」と安堵の表情を浮かべた。

  • 桃田賢斗、強打封印で3年ぶり1勝 注目度に海外メディアも関心「自分の力に変えたい」

    2018.07.31

    出足は、好調だ。バドミントン世界選手権は31日に南京市ユースオリンピック公園アリーナで第2日を行い、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は、1回戦でウクライナの選手をストレート(21-13、21-12)で破って2回戦へ駒を進めた。一昨年から昨年にかけては、違法賭博店利用の発覚による出場停止処分を受けており、世界選手権は3年ぶりの出場。試合後は「最初は緊張したんですけど、最後の方は自分らしく楽しみながらプレーできたので良かったなと思います」と喜んだ。

  • 中国でも応援される奥原希望 「あいしてる」― 魅了された2人のボランティア

    2018.07.31

    バドミントンの世界選手権が30日に中国・南京市で開幕した。日本は各種目にメダル候補が揃う。中でも、女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)は、日本勢初の連覇を狙う。慢性的なヒザのケガに苦しみ、今大会直前のタイオープンを優勝するまで、思うような成果を出せずにいた。そのため、現地入りしてからも「ディフェンディングチャンピオンと言われるけど、私はそう思っていない」と挑戦者の姿勢で臨むことを強調している。

  • V候補・桃田賢斗、ライバルの面々は? 連覇狙う長身194cm、中国の五輪金メダル勢も

    2018.07.31

    バドミントン世界選手権が30日に中国・南京市で開幕し、男子シングルスの有力選手はそろってストレートで白星を飾った。いずれも格下相手ではあったが、それぞれに中国のバドミントンファンを魅了した。

  • 小林・松友組、初戦快勝も「ゴミだらけコート」に苦笑い「拭いてくれるのに汚れる」

    2018.07.30

    バドミントンの世界選手権が30日に中国・南京市で開幕し、混合ダブルスの小林優吾、松友美佐紀組(トナミ運輸/日本ユニシス)が1回戦を突破した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集