[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 半端ない桃田賢斗! 男子初の世界選手権Vに「先輩たちが築いたものに乗っかって…」

半端ない桃田賢斗! 男子初の世界選手権Vに「先輩たちが築いたものに乗っかって…」

人生を誤った時期と、バドミントンから離れる苦しい時期を乗り越えて、桃田は世界一になった。中国、南京市で開催されているバドミントン世界選手権は5日に最終日を迎え、男子シングルス決勝は、桃田賢斗(NTT東日本)がストレート(21-11、21-13)で石宇奇(シー・ユーチー、中国)を破って初優勝を飾った。

桃田賢斗【写真:大会公式サイト】
桃田賢斗【写真:大会公式サイト】

桃田が圧倒的な強さを見せて男子で世界選手権初V

 人生を誤った時期と、バドミントンから離れる苦しい時期を乗り越えて、桃田は世界一になった。中国、南京市で開催されているバドミントン世界選手権は5日に最終日を迎え、男子シングルス決勝は、桃田賢斗(NTT東日本)がストレート(21-11、21-13)で石宇奇(シー・ユーチー、中国)を破って初優勝を飾った。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 世界選手権で日本の男子選手が優勝するのは、初めて。バドミントン大国の観衆の目の前で、半端ない強さを見せつけ、世界最強を証明してみせた。2016年4月に違法賭博店の利用が発覚して出場資格の停止処分を受け、3年ぶりに戻って来た舞台。試合後の記者会見では「日本男子バドミントン史上初、世界選手権の金メダルを取れたことは、今までの先輩たちが築き上げたきものに自分が乗っかって、優勝できたと思っている。この優勝は1人ではできないと思っているので、これからも周りの人への感謝の気持ちを忘れず、もっともっとレベルアップしていきたいと思う」と感謝の気持ちを示した。

 試合では、守備が冴え渡った。第1ゲームは、いきなり長いラリーでスタート。桃田がクロスへのカットで先に点を取るが、石宇奇も同じショットで点を取り返す。相手の強打は強烈だが、桃田はレシーブをきっちりとネット前に沈めて主導権を渡さない。強打に切れ味があるのは、誰の目にも明らか。しかし、石宇奇のスマッシュが決まらず、中国人観客からはざわめきが生まれた。

 相手の強打を封じた桃田は、ラリーのコントロール勝負に持ち込み、相手のミスを誘うことに成功。石宇奇は、桃田をコート後方に下げるためのクリアがことごとくアウトになり、桃田が13-11から一気に8連続ポイントを奪って21-11とした。桃田は「攻撃的なショットを何本か決められたけど、しっかりと足を動かして、相手のウイニングショットを取ることによって、相手にプレッシャーを与えることができたと思う」と振り返った。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー