[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

半端ない桃田賢斗! 男子初の世界選手権Vに「先輩たちが築いたものに乗っかって…」

今後はアジア大会に出場、凱旋試合は9月

 第2ゲームは、いきなりクロスへ強打を打ち込まれてインと判定されたが、桃田はチャレンジを行使。ビデオ判定でアウトと判定されて先行した。ラリーでの優位性を保ち、今度は自ら強打を打って得点を重ねた。石宇奇がやや強引なスマッシュを決め始めるとシーソーゲームとなったが、ネット前への揺さぶりには素早いフットワークで突っ込んで拾うなど対応。12-9の場面では、相手のカットに揺さぶられた後に強打をクロスに打ち込まれたが、ストレートのレシーブがイン。石宇奇は、9-16の場面で強打をやめてクリアの打ち合いに持ち込んだが、足を止めない桃田のドロップショットがネットイン。打つ手がなくなった。半端ない強さだった。

【PR】川口能活のDAZN(ダゾーン)観戦術 JリーグのGKに期待する「内面の強さ」は映像でわかる

 強打を封じられた石宇奇が手詰まりに陥ったのは、明らか。中国の大観衆もため息を漏らすしかなかった。最後は、ラリーを展開する中、相手のいないスペースを突いてコート奥へ飛ばした桃田のドリブンクリアがネットインで21-13。桃田が中国のエースを圧倒して世界一に輝いた。

 桃田は今後、18日に開幕するアジア競技大会(バドミントン競技は、19~28日)に出場予定。9月11~16日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われるダイハツヨネックスジャパンオープン(BWFワールドツアー、スーパー750)は、凱旋試合となる。苦い思いをした時期を越えて強くなった男が、日本最大の大会に帰って来る。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集