[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 波乱の女子単、日本勢3選手が8強進出 奥原手応え「パフォーマンス上がってきている」

波乱の女子単、日本勢3選手が8強進出 奥原手応え「パフォーマンス上がってきている」

連戦が続く影響か、有力選手の敗退が相次ぐ中で、日本の女子シングルス勢は3人がベスト8に駒を進めた。「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は13日に各種目の2回戦を行った。女子シングルスでは、世界ランク1位で優勝候補筆頭だったタイ・ツーイン(台湾)、世界選手権で2年連続準優勝のプサルラ・V・シンドゥ(インド)が、ともに中国の若手選手に敗れる波乱があった。

奥原は佐藤との日本人対決を制して3回戦に駒を進めた【写真:平野貴也】
奥原は佐藤との日本人対決を制して3回戦に駒を進めた【写真:平野貴也】

女子シングルスは優勝候補が続々敗れる波乱の中で日本勢は3選手が8強入り

 連戦が続く影響か、有力選手の敗退が相次ぐ中で、日本の女子シングルス勢は3人がベスト8に駒を進めた。「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は13日に各種目の2回戦を行った。女子シングルスでは、世界ランク1位で優勝候補筆頭だったタイ・ツーイン(台湾)、世界選手権で2年連続準優勝のプサルラ・V・シンドゥ(インド)が、ともに中国の若手選手に敗れる波乱があった。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 同種目では、バドミントン大国の新たな波を感じる大会になりつつある。一方、ホームゲームで地元の声援を受ける日本勢も奥原希望(日本ユニシス)、山口茜(再春館製薬所)、大堀彩(トナミ運輸)の3選手がベスト8に進出して存在感を示した。準々決勝では、いずれも年下の中国の選手と対戦する。

 奥原は、ストレートで佐藤冴香(ヨネックス)との日本人対決を制して3回戦に駒を進めた。11日に行われた初戦では、体が重く感じたと話し、体育館の特徴もつかみきれないまま相手の棄権で試合が終了。不安をのぞかせる場面があったが、2回戦で快勝を収めて「1日空いて、しっかりとコンディションやシャトルの感覚を調整できて、パフォーマンスが上がって来ているかなと思う」と手ごたえを示した。

 佐藤との試合では、クリアの打ち合いとなるラリーからドロップショットを織り交ぜて主導権を握った。先手を奪うことで佐藤が得意とする左の強打を封じ、自身が打った後は、コート中央に素早く戻るフットワークを生かし、相手の返球を捕えた。3回戦では、20歳のチェン・シャオシン(中国)と対戦する。1回戦で世界12位のツァン・ベイウェン(米国)、2回戦で世界1位のタイ・ツーイン(台湾)をともにストレートで撃破。世界ランクは33位だが、世界選手権でも16強に入っており、侮れない相手だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー