[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

初出場で女子複41年ぶりVのナガマツ「開き直ってプレーできたから逆転できた」

日本の、いや世界のバドミントン界にニューヒロインが誕生した。中国、南京市で開催されているバドミントン世界選手権は5日に最終日を迎え、女子ダブルスの決勝戦は、初出場の松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)が2-1(19-21、21-19、22-20)の大逆転で福島由紀、廣田彩花組(トリッキーパンダース)との日本勢対決を制して初優勝を飾った。同種目で日本勢が金メダルを獲得するのは、1977年に行われた第1回大会の栂野尾悦子、植野恵美子組以来41年ぶり。

170センチの永原和可那、177センチの松本麻佑の「ナガマツ」ペア【写真:大会公式サイト】
170センチの永原和可那、177センチの松本麻佑の「ナガマツ」ペア【写真:大会公式サイト】

初出場で快挙、日本女子複41年ぶりの優勝、前回銀のフクヒロ破る

 日本の、いや世界のバドミントン界にニューヒロインが誕生した。中国、南京市で開催されているバドミントン世界選手権は5日に最終日を迎え、女子ダブルスの決勝戦は、初出場の松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)が2-1(19-21、21-19、22-20)の大逆転で福島由紀、廣田彩花組(トリッキーパンダース)との日本勢対決を制して初優勝を飾った。同種目で日本勢が金メダルを獲得するのは、1977年に行われた第1回大会の栂野尾悦子、植野恵美子組以来41年ぶり。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 ファイナルゲームは、相手にチャンピオンズポイントを奪われた19-20から3連続得点。中国の観衆からも割れんばかりの拍手とどよめきが起こる、壮絶な試合を制した。永原は「とにかく、今日は力を出し切って大会を終えたかった。ファイナルで20点目を取られても、最後まで力を出し切るだけと思って開き直ってプレーできたから逆転できたと思う。初めて、勝って嬉し涙を流せた」と喜んだ。

 第1ゲームから攻める姿勢を徹底した。高い球を選ばず、低い展開で勝負。序盤は、中間に打たれた球を2人が同時に返そうとしてラケットがぶつかる音が何度も響いたが、永原は「行かないより、ぶつかっても行こうと話していた。最初はぶつかったけど、修正して行けた」と気にしていなかった。

 終盤に松本のミスが続いて第1ゲームを失ったが、第2ゲームも攻める姿勢は変わらず。本来は前衛の永原がコート後方に下がる展開が続いたが、永原は構わず強打を連発。レシーブ力のある福島、廣田を追い込んでいった。相手の返球が甘くなると、本来は後衛の松本が飛び付き、高い打点から角度のある強烈なショットでシャトルを相手コートにたたき落とした。ファイナルゲームは、序盤にリードを許して苦しんだが、驚異的な追い上げで勝利を物にした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集