[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ソノカム、充実の銀メダル「進化すれば、世界一になれる」 金メダルのステップに

ソノカム、充実の銀メダル「進化すれば、世界一になれる」 金メダルのステップに

敗戦は悔しいが、やり切った充足感はあった。バドミントンの世界選手権(中国、南京市)は5日に最終日を迎え、最終種目として行われた男子ダブルス決勝は、中国の李俊慧(リー・ジュンフイ)、劉雨辰(リウ・ユーチェン)組がストレート(21-12、21-19)で園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)を破って初優勝を飾った。

「ソノカム」ペアは、金メダルに一歩及ばず惜しくも銀メダルに終わった【写真:大会公式サイト】
「ソノカム」ペアは、金メダルに一歩及ばず惜しくも銀メダルに終わった【写真:大会公式サイト】

前回の銅を上回る銀メダルに充実感

 敗戦は悔しいが、やり切った充足感はあった。バドミントンの世界選手権(中国、南京市)は5日に最終日を迎え、最終種目として行われた男子ダブルス決勝は、中国の李俊慧(リー・ジュンフイ)、劉雨辰(リウ・ユーチェン)組がストレート(21-12、21-19)で園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)を破って初優勝を飾った。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 園田、嘉村の「ソノカム」ペアは、金メダルに一歩及ばなかったが、大会を通して健闘ぶりが光った。準々決勝で世界ランク1位を撃破し、準決勝も強打を誇る台湾ペアに勝利。前回の銅を上回り、銀メダルとなった。嘉村は「正直、悔しい気持ちはあるけど、ここまでやったという気持ちもある。自分たちのスタイルが通用し、世界選手権という大舞台で自分たちのプレーができた。いろんな意味で満足できた大会になった」と笑顔を見せた。

 決勝戦は、大会を締めくくる試合で、大観衆の歓声が降り注いだ。先に男子シングルス決勝を戦って優勝した桃田賢斗(NTT東日本)は、試合後の記者会見の合間にスタッフのスマートフォンをのぞきこんでスコアを確認。まだ取材が続いたが「試合、見たいな……」と小声でつぶやいた。完全にアウェーの雰囲気となった会場で「ソノカム」ペアは持ち味を出し、スーパープレーを見せた。

 決勝戦の相手は、長身ペア。李俊慧が195センチ、劉雨辰が193センチ。少しでも浮いた球を相手コートに送れば、シャトルを容赦なく叩きつけられた。それでも、素晴らしいレシーブで意地を見せた。

 第1ゲームは12-21で奪われたが、第2ゲームは終盤までリードする展開。最後は19-16から5連続失点という悔しい負け方だったが、19-17の場面では、ダイビングレシーブをして倒れ込んだ嘉村が、上から打ち込まれるシャトルを何度も返し続ける場面があった。国際バドミントン連盟(BWF)は、すぐさま動画を編集して「Best defence of the tournament?(今大会でベストの守備ではないか?)」というコメントを載せて、ミニブログのツイッターで配信した。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー