[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 世界女王マリンは強い! 20歳川上紗恵奈が完敗「ラリーまで持って行けなかった」

世界女王マリンは強い! 20歳川上紗恵奈が完敗「ラリーまで持って行けなかった」

バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」が10日に武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕し、女子シングルスの川上紗恵奈(北都銀行)は、ストレート(7-21、12-21)で世界女王のキャロリーナ・マリン(スペイン)に敗れた。リザーブ登録から繰り上がる形で出場がかなった川上だったが、女王の強さを見せつけられた。

世界女王のキャロリーナ・マリンに敗れた川上紗恵奈【写真:平野 貴也】
世界女王のキャロリーナ・マリンに敗れた川上紗恵奈【写真:平野 貴也】

繰り上がり出場で女王挑戦も初戦敗退「楽しみにしていたけど…」

 バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」が10日に武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕し、女子シングルスの川上紗恵奈(北都銀行)は、ストレート(7-21、12-21)で世界女王のキャロリーナ・マリン(スペイン)に敗れた。リザーブ登録から繰り上がる形で出場がかなった川上だったが、女王の強さを見せつけられた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 川上は「出させてもらうことが、まずチャンスだった。マリン選手との対戦で、楽しみにしていたし、勝ちたいと思っていたけど、そこ(勝利の可能性)が見えるまでの過程ができず、悔しい試合。勝てば世界の人に少し注目してもらえるかもしれない、存在感は出せるのかなとは感じていたけど、そういうことを思っている自分と、実際に試合をしている自分のギャップが、まだまだあるなと感じた」と悔しそうに話した。

 マリンは、2014年、2015年の世界選手権と2016年のリオデジャネイロ五輪で優勝。3年連続で世界一に輝き、2017年こそタイトルを逃したが、今年も先月の世界選手権を優勝。左の強打に加えて、フットワークも速く、甘い返球は連打で一気に得点まで持ち込む強さがある。川上は粘り強さが身上だが、長いラリーに持ち込ませてもらえなかった。

「自分に(強打の)パワーがないことと(会場の特性で)シャトルが飛ばないので、相手がきれいに打ち分けてきた。私は、パワーがない分、先に(ネット前にシャトルを)落としたいという部分で、ミスが出てしまった。自分の良い粘りが出るラリーまで持って行けなかった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー