[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 倒れながらも打ち返す “ソノカム”嘉村の粘りに連盟も絶賛「最高のディフェンス?」

倒れながらも打ち返す “ソノカム”嘉村の粘りに連盟も絶賛「最高のディフェンス?」

バドミントンの世界選手権(中国、南京市)は5日に最終日を迎え、最終種目として行われた男子ダブルス決勝は、園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が中国の李俊慧(リー・ジュンフイ)、劉雨辰(リウ・ユーチェン)組にストレート(12-21、19-21)で敗れた。惜しくも準Vに終わったソノカムペアだが、国際バドミントン連盟(BWF)は第2ゲームの嘉村の驚異的なディフェンスシーンをツイッターで公開。ファンも賛辞を送っている。

嘉村(右)が見せた守備に称賛の声が挙がっている【写真:大会公式サイト】
嘉村(右)が見せた守備に称賛の声が挙がっている【写真:大会公式サイト】

準Vに終わるも、驚異的な粘り強さを発揮したシーンに連盟が脚光

 バドミントンの世界選手権(中国、南京市)は5日に最終日を迎え、最終種目として行われた男子ダブルス決勝は、園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が中国の李俊慧(リー・ジュンフイ)、劉雨辰(リウ・ユーチェン)組にストレート(12-21、19-21)で敗れた。惜しくも準Vに終わったソノカムペアだが、世界バドミントン連盟(BWF)は第2ゲームの嘉村の驚異的なディフェンスシーンをツイッターで公開。ファンも賛辞を送っている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 金メダルにはあと一歩及ばなかったが、ソノカムペアの健闘は今大会のハイライトの1つだった。特に世界を驚かせたシーンが決勝戦であった。第2ゲーム、19-17の場面だ。

 ダイビングレシーブをして倒れ込んだ嘉村。相手は当然倒れている嘉村を狙ったが、なんと嘉村は倒れながらも懸命に打ち返したのだ。しかも1度ならず2度。最後は相手の強烈なスマッシュでポイントは奪われたが、驚異の粘り強さを発揮したシーンだった。

「この大会におけるベストのディフェンス?」

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー