[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 田中将大が浴びた一発がエゲツない グリーンモンスター越えの場外弾に米驚愕

田中将大が浴びた一発がエゲツない グリーンモンスター越えの場外弾に米驚愕

米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が5日(日本時間6日)のレッドソックス戦に先発登板。5回途中6安打1失点で降板した。5回に絶好調のムーキー・ベッツに特大の先制アーチを被弾。失点はこれだけだったが、2ケタ勝利はお預けとなった。この一発をMLBが公開すると、「すっげー爆弾」などと米ファンの驚愕を呼んでいる。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

田中は5回にベッツに特大弾を浴びるなど、5回途中1失点で勝敗つかず

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が5日(日本時間6日)のレッドソックス戦に先発登板。5回途中6安打1失点で降板した。5回に絶好調のムーキー・ベッツに特大の先制アーチを被弾。失点はこれだけだったが、2ケタ勝利はお預けとなった。この一発をMLBが公開すると、「すっげー爆弾」などと米ファンの驚愕を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 とんでもない一撃だった。ベッツのバットから放たれた打球は、左翼にそびえるグリーンモンスターをはるかに越えていった。

 5回だ。1死走者なし。2ボールからの3球目。88.7マイル(約143キロ)カットボールを左中間場外まで運ばれた。先制弾に歓喜するレッドソックスファンの一方で、田中は呆然とした表情だ。

 決して大きくない体で快音を連発するベッツ。26号弾は、437フィート(約133メートル)の特大弾だった。この一発をMLBが公式ツイッターで公開すると、ファンからは「食らったな」「雨をも降らせるような一発」「この一発はトランプの壁をも超えて行く(笑)」「すっげー爆弾!」「ムーキーをMVPに」など、驚愕の声が次々に上がった。

 試合はヤンキースが7回に4点を奪って逆転するも、9回に追いつかれ、延長10回にサヨナラ負け。田中に黒星はつかなかったが、なんともショッキングな敵地4連敗となった。

 今季絶好調のベッツは4打数2安打で打率は.342に上昇。目下リーグ首位打者を快走している。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー