[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 元世界王者撃破の「ホキコバ」、金星要因は“相手無視”!? 「持ち味を出すことだけ」

元世界王者撃破の「ホキコバ」、金星要因は“相手無視”!? 「持ち味を出すことだけ」

初戦で強敵を撃破した。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は12日に男女ダブルスの1回戦を行い、男子ダブルスの保木(ほき)卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)が、昨年の世界選手権金メダルのリュウ・チェン、ツァン・ナン組(中国)をストレート(21-16、21-18)で破る金星を挙げた。

勝利の瞬間、雄たけびを挙げた保木(右)と小林【写真:平野貴也】
勝利の瞬間、雄たけびを挙げた保木(右)と小林【写真:平野貴也】

1回戦で昨年の世界選手権金メダルの中国ペアを撃破

 初戦で強敵を撃破した。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は12日に男女ダブルスの1回戦を行い、男子ダブルスの保木(ほき)卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)が、昨年の世界選手権金メダルのリュウ・チェン、ツァン・ナン組(中国)をストレート(21-16、21-18)で破る金星を挙げた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 試合は、序盤から積極的なアタックで先手を取る戦いぶりで、7-0のロケットスタート。さすがに中盤で点差を詰められたが、12-9から5連続得点で優位性を保って第1ゲームを物にした。第2ゲームは、常に3点差以内でリードを奪い合う接戦。それでも積極性を失うことなく攻め、最後は19-18から2連続ポイントで勝利を物にした。保木は「相手のビデオは、見ないようにした。相手の強いところを意識してしまうと、自分のプレーを忘れてしまうかなと思った。自分たちの持ち味を出すことだけを考えて臨んだ」と迷いなく挑んだことを強調した。

 攻撃的なプレーで押し切れた要因に2人が挙げたのが、アタックを仕掛ける前のレシーブの質だった。特に、後衛で強打が持ち味の小林は「保木はレシーブが上手いので、自分のレシーブの精度が上がれば、自ずと(ペアとしての)レシーブも上手くなると思って、練習からレシーブスタイルを勉強して頑張っていた」と意識的にレシーブを強化していたことを明かした。

 攻め急いで無理に打てば精度が落ち、相手を恐れて守れば後手に回る。強敵と対峙するときこそ、堂々と立ち向かう姿勢が必要だ。保木、小林の「ホキコバ」ペアが初戦で挙げた金星は、相手に主導権を与えなければ、強敵が相手でも互角以上に戦えることの証明だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー