[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「2度とこんなプレー見られない」!? 折れたバットが…“珍内野安打”に米ファン衝撃

「2度とこんなプレー見られない」!? 折れたバットが…“珍内野安打”に米ファン衝撃

米大リーグで1本の内野ゴロが話題を呼んでいる。ボールと折れたバットの先が全く同じタイミングで転がり、遊撃手が捕球できず。なかなか見られない衝撃映像を、MLBが動画を公開。ファンの間には驚愕が広がっている。

ジャイアンツのゴーキース・ヘルナンデス【写真:Getty Images】
ジャイアンツのゴーキース・ヘルナンデス【写真:Getty Images】

折れたバットとボールが同じ方向へ、遊撃手が捕球できず内野安打に

 米大リーグで1本の内野ゴロが話題を呼んでいる。ボールと折れたバットの先が全く同じタイミングで転がり、遊撃手が捕球できず。なかなか見られない衝撃映像を、MLBが動画を公開。ファンの間には驚愕が広がっている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

“珍ショートゴロ”の舞台は11日(日本時間12日)に行われたブレーブス-ジャイアンツの一戦。8回、ジ軍ゴーキース・ヘルナンデスの打席だ。1死。右腕フォルタネビッチのインハイの97マイル(約156キロ)をスイングしたが、バットは真っ二つに。力ない打球は遊撃方向に転がったのだが、同時に折れたバットの先もシンクロするかのように、同じ方向に飛んで行ったのだ。

 ブレーブスの遊撃手スワンソンは前に出ながら捕球を試みるが、まさにグラブに入る瞬間にバットの先も重なり、グラブには納められなかった。打者にとっては、なんともラッキーな内野安打となった。

 MLBは公式インスタグラムで「このバットは残業までやります」とユーモアたっぷりにつづり公開。折れたバットの先と打球の行く先が全く同じになるという、なかなか見られない珍場面にファンの間には衝撃が広がっている。

「これは不運過ぎる」
「信じられない」
「バットは友達(笑)」
「これは毎日起きる出来事ではないな」
「これは泣ける」
「2度とこんなプレー見ないだろうな」
「これは”ダブルヒット”と呼ぶべきかな?」
「幸運なヒットだ」

 一歩間違えればアクシデントにもつながりかねないプレーだったが、大勢には影響なく、ブレーブスが勝利。ナ・リーグ東地区の首位を走っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー