[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアのニュース一覧

  • 浅田舞、妹・真央さんと誕生日ディナー すっかりオトナな“美姉妹”2ショットに反響

    2017.09.30

    プロフィギュアスケーターの浅田舞が29日、ツイッターを更新し、妹の真央さんの27歳の誕生日を祝ったことを明かした。すっかりオトナになった姉妹の2ショットのディナー写真を公開し、ファンに反響を呼んでいる。

  • 羽生結弦の「SEIMEI」は「氷上の戦士たらしめた」 盟友の母国も不発は予想外

    2017.09.26

    フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリオール)で2位になった羽生結弦(ANA)。ショートプログラム(SP)で世界歴代最高得点を更新し、首位に立ちながら、フリーはミスが続き、得点を伸ばせず。ハビエル・フェルナンデス(スペイン)に逆転優勝を許した。フェルナンデスの母国、スペインメディアは2年ぶりに「SEIMEI」を再演したフリーについて「氷上の戦士たらしめた曲に立ち返った」と評した一方、失速については「膝の違和感が影響していた可能性は高い」と分析している。

  • 浅田真央さん、誕生日に甦る“あの感動” 五輪公式が「伝説のSP」公開で粋な祝福

    2017.09.25

    元女子フィギュアスケートの浅田真央さんが25日、27歳の誕生日を迎えた。現役時代、輝かしい実績を残した偉大なスケーターを称えるように、オリンピックの公式ツイッターが誕生日を祝福。そして、1大会で3度のトリプルアクセルを跳び、銀メダルを獲得したバンクーバー五輪のショートプログラム(SP)を動画で掲載し、感動を呼び起こしている。

  • 女王メドベージェワと競演 本郷理華、「1、2位コンビ」で“美ショット”公開

    2017.09.25

    フィギュアスケートのオンドレイ・ネペラ杯(スロバキア)は23日にフリーが行われ、本郷理華(邦和スポーツランド)が2位に入った。大会後には優勝した世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)との「1、2位コンビ」の2ショット写真を公開している。

  • 盟友・羽生結弦を逆転V フェルナンデスが喜び「とても幸せな結末になった」

    2017.09.25

    フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリオール)を制したハビエル・フェルナンデス(スペイン)がツイッターを更新。ショートプログラム(SP)2位から盟友・羽生結弦(ANA)を逆転し、優勝を飾った前世界王者は「とても幸せな結末になった」と喜びの胸中をつづり、羽生らとの輝かしい表彰式の写真を投稿している。

  • 羽生結弦、まさかの「つまずき」を海外はどう見たのか 「次の舞台」に注目も

    2017.09.25

    フィギュアスケートの男子シングル羽生結弦(ANA)は今季初戦となったオータムクラシック(カナダ・モントリオール)で2位だった。ショートプログラム(SP)で自身が持つ世界歴代最高得点を更新しながら、フリーはミスが続いてハビエル・フェルナンデス(スペイン)に逆転優勝を許した。

  • 村上大介、羽生結弦らと“その後”の写真公開「次に向けてがんばります!」

    2017.09.24

    フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリオール)に出場した村上大介(陽進堂)がインスタグラムを更新。優勝したハビエル・フェルナンデス(スペイン)、2位に入った羽生結弦(ANA)らとともに、おちゃめな集合写真を掲載している。

  • 羽生結弦、まさかの失速に海外も驚き「日本のマエストロが全く本調子でなかった」

    2017.09.24

    フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリール)は23日(日本時間24日)、SPで世界歴代最高得点を更新し、首位に立った羽生結弦(ANA)がフリーでミスが続き、155.52点と得点を伸ばせず。合計268.24点で2位に終わった。前世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)に逆転優勝を許し、米メディアは「全く本調子でないことは明らかだった」と驚きをもって報じている。

  • メドベージェワ、漂う女王の貫録 37点差V発進で米賛辞「別格のスケートを誇示」

    2017.09.24

    フィギュアスケートのオンドレイ・ネペラ杯は23日(日本時間24日)、女子ショートプログラム(SP)首位の世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が146.72点をマークし、合計226.72点で圧勝。貫禄のシーズンV発進に対し、米メディアは「別格のスケートを誇示」と報じている。日本の本郷理華(邦和スポーツランド)は合計189.98点で2位に入った。

  • 羽生結弦、まさかのフリー失速で2位 ミス続いて悔しさあらわ、大会3連覇ならず

    2017.09.24

    フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ・モントリール)は23日(日本時間24日)、SPで世界歴代最高得点を更新し、首位に立った羽生結弦がフリーで155.52点をマーク。ジャンプにミスが続くなど、思うように得点を伸ばせず、合計268.24点で2位に終わった。優勝は前世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が飾った。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集