[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワ、世界新82.92点で首位発進! 異次元の頂上決戦、メドベの記録を20分後に更新

平昌五輪は21日、フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が82.92点をマーク。3人前に世界選手権2連覇中の女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)がマークした世界記録81.61点を更新し、首位に立った。2位はメドベージェワとなった。

アリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

女子シングルSP、メドベージェワは自身の世界記録更新も2位

 平昌五輪は21日、フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が82.92点をマーク。3人前に世界選手権2連覇中の女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)がマークした世界記録81.61点を更新し、首位に立った。2位はメドベージェワとなった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 美しき女王が、また魅せた。最終組1番手で登場したメドベージェワ。冒頭は華麗なステップ、スピンを織り交ぜ、表現力豊かに演じると、後半に固めたジャンプは3回転フリップ―3回転トーループ、3回転ループ、2回転アクセルとすべて成功させた。完璧な演技で滑り切り、会場から喝采が降り注いだ。表示された得点は「81.61」。自身が持つ世界最高得点を記録し、笑みがこぼれた。

 今季は11月に右足甲の骨にヒビが入る故障で2か月離脱したが、復帰2戦目となった五輪の団体戦SPで自身の記録を更新する世界歴代最高得点81.06点をマークし、個人戦に挑んでいた。11日間で2度も世界記録を更新してみせた。

 28番手で登場したザギトワは、女王を超えた。メドベージェワと同様に前半は表現力で会場を惹きつけ、後半に固めた3回転ルッツ―3回転ループ、3回転フリップ、2回転アクセルと完璧な演技を見せた。滑り終えると会心の笑みがこぼれ、ガッツポーズを炸裂させた。得点はメドベージェワが20分前に出した「81.61」を上回る「82.92」。15歳の天才少女が、衝撃を与えた。

 ザギトワは今季シニアデビューした15歳。GPシリーズ、ファイナル、ロシア選手権を無敗で制し、1月の欧州選手権では復帰初戦だったメドベージェワを破り、世界女王に2年ぶりに土をつけていた。今大会も団体戦フリーで世界歴代2位の高得点を叩き出していた。金メダル争いはメドベージェワ、ザギトワの一騎打ちとみられているが、SPから異次元の争いを見せた。

 フリーは23日。美しき争いはフィナーレを迎える。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集