[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「サトコは神がかっている」「ザギトワは感銘的」 異次元バトルに海外名手たちも喝采

「サトコは神がかっている」「ザギトワは感銘的」 異次元バトルに海外名手たちも喝采

平昌五輪は21日、フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、上位陣は異次元の争いは展開。世界選手権2連覇中の女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)が25番手で81.61点をマーク。11日の団体で記録した自身の世界最高得点をさらに更新したが、3人後に登場した同門の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)は82.92点をマーク。わずか20分後に世界記録を更新してみせた。

宮原知子【写真:Getty Images】
宮原知子【写真:Getty Images】

ザギトワ&メドベージェワは80点越え…上位5人が自己ベスト更新のハイレベル決戦

 平昌五輪は21日、フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、上位陣は異次元の争いは展開。世界選手権2連覇中の女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)が25番手で81.61点をマーク。11日の団体で記録した自身の世界最高得点をさらに更新したが、3人後に登場した同門の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)は82.92点をマーク。わずか20分後に世界記録を更新してみせた。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 この2強の異次元の戦いのみならず、上位は極限のハイレベル争いだった。3位のケイトリン・オズモンド(カナダ)、4位の宮原知子(関大)、5位の坂本花織(シスメックス)まで上位5人がノーミスの演技で自己ベストを更新。まさに4年に一度の祭典にふさわしい演技が続いた。

 この歴史的なハイレベル決戦に、海外の名スケーターたちも続々ツイッターで反応。男子シングルで羽生結弦(ANA)が達成するまで、最後の五輪連覇達成者だった、“レジェンド”ディック・バトン氏は「ザギトワ 芸術性、テクニック、ドラマ性、力強さ、すべてのエレメントは誰もが欲するものだ」とトップに立ったザギトワを絶賛。

 ソチ五輪団体銅メダルで、全米選手権を2度制している、グレイシー・ゴールドは宮原の演技をたたえた。「サトコはあまりに洗練され、鍛錬されている。すべての動きに目的がある。彼女の中身が神がかっていることはいうまでもない。ファンタスティックに見えた」と賛辞を並べた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー