[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ザギトワ&メドベ、“世界新合戦”に海外感嘆「異次元」「まるでフェデラー対ナダル」

ザギトワ&メドベ、“世界新合戦”に海外感嘆「異次元」「まるでフェデラー対ナダル」

平昌五輪は21日、フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が82.92点をマーク。3人前に世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)がマークした世界記録の81.61点をわずか20分後に更新し、首位に立った。優勝の本命同士が見せた“世界新合戦”に、海外のフィギュアファンから「どちらも異次元」「アメージング」「まるでフェデラー対ナダル」と感嘆の声が広がっている。

エフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

メドベが世界新ならザギトワも世界新…海外ファン驚き「どちらも異次元」

 平昌五輪は21日、フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が82.92点をマーク。3人前に世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)がマークした世界記録の81.61点をわずか20分後に更新し、首位に立った。優勝の本命同士が見せた“世界新合戦”に、海外のフィギュアファンから「どちらも異次元」「アメージング」「まるでフェデラー対ナダル」と感嘆の声が広がっている。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 互いに譲らない。まさに、完璧だった。25番目に登場したメドベージェワは、華麗なステップワークで魅せると、後半に固めたジャンプは3回転フリップ―3回転トーループ、3回転ループ、2回転アクセルとすべて着氷。団体戦SPで更新した世界最高得点「81.06」をわずか10日で更新した。

 しかし、28番目で登場したザギトワが、さらに上を行った。後半に固めた3回転ルッツ―3回転ループ、3回転フリップ、2回転アクセルを見事に成功した。会心の笑みがこぼれ、ガッツポーズを炸裂させた。得点はメドベージェワが20分前に出した「81.61」を上回る「82.92」を叩き出した。

 2人だけが80点を超え、1、2位発進。互いにベストを繰り出した世界新の競演に、世界のフィギュアファンもツイッター上で感嘆の声を漏らしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー