[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦は史上最高スケーターになったのか 歴代レジェンドが米特集で見解

羽生結弦は史上最高スケーターになったのか 歴代レジェンドが米特集で見解

平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりとなる連覇を達成した羽生結弦(ANA)。フィギュアの歴史に名を残す金字塔を打ち立て、世界で称賛が沸き起こっているが、米スケート専門メディアは「史上最高スケーターは羽生か」と検証する特集記事を掲載。歴代の名スケーターが回答し、それぞれの見解を述べている。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

羽生、バトン、プルシェンコ、グラフストローム…海外歴代名手が見解「私の考えでは…」

 平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりとなる連覇を達成した羽生結弦(ANA)。フィギュアの歴史に名を残す金字塔を打ち立て、世界で称賛が沸き起こっているが、米スケート専門メディアは「史上最高スケーターは羽生か」と検証する特集記事を掲載。歴代の名スケーターが回答し、それぞれの見解を述べている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

「歴代最高の男子フィギュアスケーターはハニュウなのか?」と見出しを打って特集したのは、米スケート専門メディア「icenetwork」だ。

 羽生の快挙を受け、記事では「連覇を成し遂げた日本のユヅル・ハニュウは今や歴代最高のフィギュアスケーターに君臨することになったか? それとも、その名誉は依然としてバトンのものか? はたまた、第2次世界大戦以降で3つの五輪メダルを手にした唯一の選手、エフゲニー・プルシェンコなのか? さらに、1920年代に3連覇を達成したギリス・グラフストロームも忘れてはならない」とフィギュア史を彩る英雄を挙げた上で、スケート界の著名人が「誰が史上最高か」というテーマに回答している。

 記事では、1992年アルベールビル五輪銀メダリストのポール・ワイリー氏(米国)は「バトンは5シーズン負けなしの上で連覇を果たしている」と主張。羽生の前に連覇を達成していたバトン氏の名前を挙げた。世界選手権で銅メダルを2度獲得したマイケル・ワイス氏(米国)は「私の考えでは、プルシェンコが最も偉大だ」と語り、五輪に4大会連続出場して団体戦を含め、2個の金メダルを獲得した長年の活躍を理由に述べた。そんな中で、羽生を挙げた人物もいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー