[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 15歳の“天才少女”ザギトワに思わぬトラブル… ドーピング検査で練習中断

15歳の“天才少女”ザギトワに思わぬトラブル… ドーピング検査で練習中断

平昌五輪フィギュアスケート女子シングルは21日、ショートプログラム(SP)が行われる。金メダル候補の“天才少女”15歳のアリーナ・ザギトワと、世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(共にOAR)の対決に注目が集まっているが、“2強”の1角、ザギトワが思わぬトラブルに見舞われた。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

金メダル候補のザギトワ、ドーピング検査のため練習開始数分で強制中断

 平昌五輪フィギュアスケート女子シングルは21日、ショートプログラム(SP)が行われる。金メダル候補の“天才少女”15歳のアリーナ・ザギトワと、世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(共にOAR)の対決に注目が集まっているが、“2強”の1角、ザギトワが思わぬトラブルに見舞われた。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 ロシア情報サイト「RT」は「WADA(世界アンチドーピング機関)がロシアフィギュアのスター、アリーナ・ザギトワのトレーニングを強制中断」の見出しをつけ、報じている。

“天才少女”に思わぬ横やりが入った。記事では「平昌五輪金メダル候補のアリーナ・ザギトワは、ドーピング機関の強制中断により、トレーニングセッションを丸々妨害されることになった」と伝えている。

 本番を2日後に控えた19日のことだった。同サイトは、ロシアの関係者のコメントを紹介。「ザギトワはスケジュール通りに氷上での練習を開始した。しかし、数分後、スケートリンクを立ち去るよう命じられた。ドーピング機関が検査を行うためだ。結局トレーニングメニューは中止を余儀なくされた」と話したという。

 練習開始からわずか数分で、練習を中断されてしまったという。15歳のザギトワは、今季シニアデビューを果たしたばかりだが、同サイトは「ザギトワ、そして世界女王エフゲニア・メドベージェワによる、ロシアのスター2人のゴールドを巡る猛烈なバトルが予想されていた」と説明している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー