[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアのニュース一覧

  • 羽生結弦の逆転V、オーサーコーチが舞台裏明かす 決戦前にかけた言葉とは

    2017.04.07

    フィギュアスケート世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)の男子フリーで歴代最高点をマークし、ショートプログラム(SP)5位からの逆転優勝を遂げた羽生結弦(ANA)。世界に衝撃を与えた逆転劇の裏側を、コーチのブライアン・オーサー氏が明かしている。米テレビ局「NBC」電子版が報じている。

  • 羽生はなぜ4回転を4本跳んだのか コーチが明かす舞台裏、絶対王者の「矜持」

    2017.04.02

    フィギュアスケート世界選手権(ヘルシンキ)は羽生結弦(ANA)がショートプログラム(SP)5位から劇的な逆転Vで幕を閉じた。フリーでマークした223.20点は自身が持つ記録を更新する歴代世界最高得点。その要因となったのが、4本の4回転ジャンプを成功させたことだ。難易度の高いジャンプは当然、リスクが伴う。それでも、なぜ日本の22歳は挑戦をやめなかったのか。その舞台裏を、米有力誌「ニューヨークタイムズ」が言及している。

  • 驚異の世界新 羽生に前王者も脱帽「ミスなくこなしたら、彼は無敵だね」

    2017.04.02

    フィギュアスケート世界選手権(ヘルシンキ)の男子フリーで歴代最高得点を叩き出し、ショートプログラム(SP)5位から大逆転で3年ぶりVを果たした羽生結弦(ANA)。自身が持つ世界記録を塗り替えたフリーの223.20点は世界に衝撃を与えたが、その大きさはライバルにとっても同じようだ。大会2連覇中だったハビエル・フェルナンデス(スペイン)が「彼がミスなくこなしたら、無敵だね」と脱帽している。米有力紙「ニューヨーク・タイムズ」が報じた。

  • 羽生V、歴代最高得点に世界が衝撃「キングが帰還」「涙は金メダルより重い」

    2017.04.01

    フィギュアスケートの世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)は1日、男子フリーが行われ、羽生結弦(ANA)が自身の歴代世界最高を更新する223.20点をマーク。ショートプログラム(SP)は5位と出遅れたが、合計321.59点に伸ばし、圧巻の逆転Vを飾った。世界の各国メディアは3年ぶりの世界王者に返り咲いた羽生の偉業を「キングが王座に帰還した」などと続々速報している。

  • 羽生、フリー世界新223.20点で大逆転V! 完璧4回転4本、3年ぶり王座奪還

    2017.04.01

    フィギュアスケートの世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)は1日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位の羽生結弦(ANA)が自身の歴代最高得点を更新する223.20点で合計321.59点。大逆転で3大会ぶりの優勝を果たした。

  • 羽生5位発進に海外メディアは「驚き」 「偉大な日本人選手がSPで苦しむ」

    2017.03.31

    30日にフィンランドのヘルシンキで行われたフィギュアスケート世界選手権の男子ショートプログラム。日本人選手は、宇野昌磨(中京大)が2位、羽生結弦(ANA)が5位スタートとなった。王者・羽生の出遅れについて、海外メディアが「偉大な日本人がSPで苦しんだ」と伝えている。

  • フィギュア無良はメダル届かず4位 「足りないところはたくさんある」

    2017.02.26

    冬季アジア大会は最終日の26日、フィギュアスケート男子のフリーが真駒内公園屋内競技場で行われ、ショートプログラム(SP)4位の無良崇人(洋菓子のヒロタ)は172.99点で合計263.31点となり、総合4位。メダルに届かなかった。

  • フィギュア金の宇野、目標は「完璧」の世界選手権「完成形を見せたい」

    2017.02.26

    冬季アジア大会は最終日の26日、フィギュアスケート男子のフリーが真駒内公園屋内競技場で行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(中京大)が188.84点で合計281.27点とし、逆転で金メダルを獲得。日本勢の金メダルは2003年の本田武史以来、3大会14年ぶりの快挙となった。

  • フィギュア宇野が逆転金! 日本勢14年ぶり快挙「最後まで攻め切った結果」

    2017.02.26

    冬季アジア大会は最終日の26日、フィギュアスケート男子のフリーが真駒内公園屋内競技場で行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(中京大)が188.84点で合計281.27点とし、逆転で金メダルを獲得。日本勢の金メダルは2003年の本田武史以来、3大会14年ぶりの快挙となった。

  • フィギュア女子本郷まさかのメダル逸 ミスミス4位…涙こらえ「情けない」

    2017.02.25

    冬季アジア大会は25日、フィギュアスケート女子のフリーが真駒内公園屋内競技場で行われ、日本勢で唯一出場の本郷理華(邦和スポーツランド)は100.39点で合計161.37点となり4位。ショートプログラム(SP)の2位から順位を落とし、メダルも逃した。韓国のチェ・ダビン(韓国)が合計187.54点で金メダルを獲得した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集