[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コストルナヤの3A復活に必要なもの 五輪メダリスト指摘「ポテンシャルは確実にある」

フィギュアスケートのアリョーナ・コストルナヤは、9日まで行われたロシア杯第4戦で2位に入った。武器としていた3回転アクセル(3A)を跳ばず、アレクサンドラ・トルソワ(ともにロシア)に逆転優勝を許したが、母国の五輪金メダリストは「3回転アクセルを復活させるためには時間が必要です」などと語っているという。ロシア紙「スポルトエクスプレス」が報じている。

アリョーナ・コストルナヤ【写真:AP】
アリョーナ・コストルナヤ【写真:AP】

ロシア杯第4戦、3回転アクセルは跳ばずに2位

 フィギュアスケートのアリョーナ・コストルナヤは、9日まで行われたロシア杯第4戦で2位に入った。武器としていた3回転アクセル(3A)を跳ばず、アレクサンドラ・トルソワ(ともにロシア)に逆転優勝を許したが、母国の五輪金メダリストは「3回転アクセルを復活させるためには時間が必要です」などと語っているという。ロシア紙「スポルトエクスプレス」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 コストルナヤはロシア杯第4戦、ショートプログラム(SP)では首位に立った。続くフリーでは3回転アクセルを回避したものの、3回転のコンビネーションを3本跳ぶなど上々の内容だった。ただ、フリーで4回転を3本跳んだトルソワに逆転を許し、22.32ポイント差で優勝を逃した。

 今季初戦だったコストルナヤは、以前から使用していたスケート靴が10月半ばに壊れるなど、アクシデントにも見舞われていたことが伝えられていた。こうした中、「スポルトエクスプレス」は1988年カルガリー五輪のアイスダンスで金メダルを獲得したナタリア・ベステミアノワ氏へのインタビュー記事を掲載している。

 同氏は、コストルナヤが3回転アクセルを跳ばなかったことについて尋ねられると「3回転アクセルを跳ばなくても別にいいのではないでしょうか? コストルナヤは徐々に状態を整えつつあります」と回答。トルソワと同じく、今季からトリノ五輪金メダリストの“皇帝”エフゲニー・プルシェンコ氏に師事している事に触れ、こう語っている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集