[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアのニュース一覧

  • 羽生結弦は「ぶっつけ=不安材料」にならない? 米名手が分析した「秘密兵器」とは

    2018.02.15

    平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりとなる大会連覇がかかる羽生結弦(ANA)。歴史的な偉業へ向け、カギとなるのは昨年11月に負傷した右足首の回復具合だろう。3か月ぶりのぶっつけで挑む偉業について、米地元紙「ワシントン・ポスト」は米国のライバル選手、五輪メダリストの見解を紹介している。

  • 「生ける伝説が今年も伝説を残す」 羽生結弦、五輪公式が「世界最高SP」公開に反響

    2018.02.15

    平昌五輪は16日からフィギュアスケートの男子シングルが幕を開けるが、最大の注目は66年ぶりの大会連覇を狙う羽生結弦(ANA)だ。五輪公式ツイッターは14日、「4年前の今日、ユヅル・ハニュウは金メダルを獲得した」と前回ソチ大会で五輪新記録をマークした伝説のショートプログラム(SP)の演技を公開。海外ファンから「レジェンドが誕生した瞬間」「この瞬間を忘れることは不可能だ」この演技は何度見ても鳥肌が立つ」と機運が高まっている。

  • 「ついに登場 大スター羽生」― 過熱する“結弦フィーバー”に韓国も大注目

    2018.02.14

    男子フィギュアスケートのソチ五輪王者・羽生結弦(ANA)は平昌五輪で66年ぶりの五輪連覇に挑む。11日に現地入りしたことは開催国・韓国も注目しているが、13日に行われた公式練習と記者会見で沸き起こった羽生フィーバーを韓国メディアも特集。「ついに登場 大スター羽生」と報じ、絶対王者の世界的人気を伝えている。

  • 羽生結弦、“最強の相棒”にライバル国が熱視線「くまのプーさんが秘密兵器」

    2018.02.14

    平昌五輪で男子フィギュアスケートのソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は66年ぶりとなる連覇の偉業に挑む。海外メディアは右足首の故障から復活した王者の“最強の相棒”に注目。「くまのプーさんが秘密兵器」と異例の特集を組んでいる。

  • 浅田真央さん、温もりの“手書き五輪”にファン反響「可愛すぎて癒されました」

    2018.02.14

    浅田真央さんがインスタグラムを更新。真央さん以来、平昌五輪で史上3人目となる五輪でのトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた長洲未来(米国)への祝福が話題となったが、この投稿で掲載した可愛らしい“手書き五輪マーク”がファンから「真央ちゃんらしいです」「可愛すぎて癒されました」と反響を呼んでいる。

  • 羽生結弦、本番前から異例の大注目 会見を各国報道「世界王者に巨大な好奇心」

    2018.02.13

    男子フィギュアスケートのソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)が競技会場の江陵アイスアリーナで公式練習と記者会見を行い、4回転ジャンプをこなすなど、右足首の復調をアピールした羽生に対し、海外メディアは「五輪のリンクで確信に満ちた初練習」「夢の演技を約束」と特集を組んでいる。

  • “美しき親日家”コストナー、31歳が五輪で過ごした「本当に美しい一日」

    2018.02.13

    平昌五輪のフィギュアスケート団体はカナダの優勝で幕を閉じたが、華やかなチーム戦で脚光を浴びた一人が、イタリアのカロリーナ・コストナーだ。31歳はショートプログラム(SP)、フリーともに演じ、4位に貢献した。メダルこそ逃したが、親日家でも知られる31歳の4度目の五輪をイタリアメディアも特集。団体戦について「本当に美しい一日だったわ」と語ったと伝えている。

  • 宮原知子、坂本花織ら 感動の「団体戦JAPAN」の“日の丸7ショット”に反響

    2018.02.13

    平昌五輪はフィギュアスケートで団体戦が行われ、日本は2大会連続の5位となった。男子ショートプログラムで宇野昌磨が1位を獲得するなど奮闘し、大きく盛り上げたが、ペアの木原龍一は自身のツイッターで「チームJAPAN」の“日の丸7ショット”を公開。ファンから「団体戦、感動しました」と労いが相次ぎ、個人戦に向けてエールが殺到している。

  • メドベ&ザギトワら笑顔 プルシェンコが後輩へ、粋な祝福「金より大切な銀もある」

    2018.02.13

    平昌五輪は12日、フィギュアスケート団体フリーが行われ、OAR(ロシアからの五輪選手)が銀メダルを獲得。エフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワといった逸材が躍動し、2大会連続のメダルを獲得した。前回の団体戦金メダリストの母国の英雄、エフゲニー・プルシェンコは自身のインスタグラムで「チームロシア」の集合写真を掲載して祝福。ファンから「五輪で最も美しき1枚」「最高、最高、そして最高だ!」と反響を呼んでいる。

  • 長洲未来、五輪史に残る「NAGASU」の名 “歴史的3A”に母国も賛辞「魔法を放った」

    2018.02.13

    女子シングルで長洲未来は135.53点の自己ベストを叩き出し、2位に躍進。五輪史上3人目の成功となったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めた24歳に対し、母国の米メディアは「ミライが魔法を放った」と賛辞を送っている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集