[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアのニュース一覧

  • プルシェンコ、“後輩”ザギトワ&メドベを祝福「新時代の幕開けを誇りに思う」

    2018.02.23

    平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が世界歴代2位の合計239.57点で金メダルを獲得した。SP2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダル。同門の2人が果たした金・銀独占の快挙に対し、ロシアの英雄エフゲニー・プルシェンコ氏は「新時代の幕開けを誇りに思う」と祝福している。

  • ザギトワ、金メダル後にメドベと“涙の抱擁” 世界が感動「親友。何が起きようと」

    2018.02.23

    平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が世界歴代2位の合計239.57点で金メダルを獲得した。SP2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダル。涙を流した同門の2人はメダル確定後、抱擁を交わした。米メディアはその瞬間を「親友。たとえ、何が起きようと」と画像付きで速報すると、海外ファンに感動が広がっている。

  • 宮原知子は惜しくも4位 完璧演技で自己ベスト更新もメダル届かず… 坂本花織は6位

    2018.02.23

    平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子シングル、フリーが行われ、最終組のトップでスタートした日本の宮原知子(関大)は全てのジャンプを成功させ、自己ベストを更新する146.44点をマーク。合計222.38は自己ベストを4.05点も更新。しかし3位のケイトリン・オズモンド(カナダ)に8.64点届かず、惜しくも銅メダルを逃す4位だった。金メダルはアリーナ・ザギトワ、銀はエフゲニア・メドベージェワ(共にOAR)。SP5位の坂本花織(シスメックス)は136.53点、合計209.71点で6位だった。

  • ザギトワ、OAR初の金メダル! 史上最高決戦は涙の決着 女王メドベは1.31点差で銀

    2018.02.23

    平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が156.65点をマークし、世界歴代2位となる合計239.57点。金メダルを獲得した。SP2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダル。ともに涙の頂上決戦となった。ケイトリン・オズモンド(カナダ)が銅メダル。宮原知子(関大)は4位、坂本花織(シスメックス)は6位だった。

  • ザギトワ、また圧巻! 世界歴代2位の合計239.57点! 渾身ガッツポーズ炸裂

    2018.02.23

    平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が156.65点をマークし、世界歴代2位となる合計239.57点をマークした。

  • キム・ヨナさんの前で“ヨナキッズ”チェ・ダビンが完璧な演技! ベスト更新で暫定1位に

    2018.02.23

    平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子シングル、フリーが行われ、17番目で滑走した“ヨナキッズ”こと、韓国の18歳、チェ・ダビンが自己ベストの131.49点をマーク。合計199.26点で、暫定首位に立った。

  • アイホ米国、38年前の“奇跡”のスティックがなんと3100万円 女子V特需!?

    2018.02.23

    平昌五輪は22日、アイスホッケー女子決勝を行い、米国がカナダに劇的な逆転勝ち。カナダの大会5連覇を阻み、1998年の長野五輪以来の金メダルを獲得した。女子の20年ぶりの快挙に沸く中、38年前の男子の同競技で使用されたスティックが29万ドル(約3100万円)で取引されたことが、米メディアで話題となっている。

  • ザギトワ、練習中に驚異の“5連続3回転”披露 皇帝も衝撃「火を噴いた!!!!!」

    2018.02.23

    平昌五輪は23日、フィギュアスケート女子シングルのフリーが行われる。21日のショートプログラム(SP)では、15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が82.92点をマーク。3人前に世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)がマークした世界記録の81.61点をわずか20分後に更新し、首位に立った。

  • 羽生結弦のカーリングチームが始動!? 「最高にキュート」なオフショットが話題に

    2018.02.23

    平昌五輪フィギュアスケート男子シングルは羽生結弦(ANA)の劇的な大会連覇で幕を閉じた。海外からも相次いで称賛の声が上がる偉業だった。激闘を終えた羽生は束の間の休息を経て、25日に行われるエキシビジョンへ向けて練習を再開している。その最中の様子を、盟友ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)が自身のインスタグラムで公開。重圧から解放されリラックスムードの選手たちの様子が話題になっている。

  • 「なぜ、日本は羽生結弦の虜になるのか」 米大手テレビ局が“列島の熱狂”に脚光

    2018.02.23

    平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの大会連覇を達成した羽生結弦(ANA)。海外でも歴史的な偉業に注目が集まり、国際的な認知度も高まりを見せる中、米大手テレビ局「CNN」では「なぜ、日本はユヅル・ハニュウの虜になるのか」と特集している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集