[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアのニュース一覧

  • 羽生結弦、「66年前の伝説」甦らせた270秒 バトン氏「記録は並ばれるためにある」

    2018.02.18

    平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)が206.17点で合計317.85点をマークし、米国のディック・バトン氏以来、66年ぶりの五輪連覇を達成。“後継者”の偉業達成を見届けた88歳のバトン氏は「ブラボーハニュウ 記録は並ばれるためにあるものだ」と祝福した。

  • 浅田真央さん、「!」16個の祝福 羽生&宇野と豪華3ショット公開に反響「日本の宝」

    2018.02.18

    フィギュアスケートのバンクーバー五輪銀メダリスト・浅田真央さんがインスタグラムを更新。平昌五輪男子シングルで日本フィギュア史上初のダブル表彰台となった金メダル羽生結弦(ANA)、銀メダル宇野昌磨(トヨタ自動車)を祝福し、2人との“祝福3ショット写真”を掲載。ファンから大反響を呼んでいる。

  • 「こんな人2度と現れない」 羽生結弦に広がる「国民栄誉賞」待望論

    2018.02.17

    平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)が206.17点をマーク。合計317.85点で、66年ぶりの五輪連覇を達成。ケガからの華麗すぎる復活劇に日本のファンも心を奪われたようだ。SNS上が羽生への祝福、感謝のコメントであふれ、中には「国民栄誉賞」を期待する声もあがった。

  • 大逆襲見せたチェン、17位に沈んだSPは「本当はすごい重圧だった」と告白

    2018.02.17

    昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で、まさかの17位となった金メダル候補ネイサン・チェン(米国)は自己ベストを更新し、フリー1位の215.08点で合計297.35点をマーク。五輪史上最多の4回転ジャンプ5本を成功させる離れ業を演じ、5位に巻き返した。

  • 宇野昌磨、米美女スケーターが“Shoma愛”炸裂のエールが話題「お願い、輝いて」

    2018.02.17

    平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点を獲得。宇野昌磨(トヨタ自動車)も306.90点で銀メダルを獲得し、日本フィギュア史上初のダブル表彰台に貢献した。恐れ知らずの強心臓ぶりを発揮した20歳に対し、ソチ五輪団体戦銅メダリストの美女スケーターが“Shoma愛”を炸裂させ、話題を呼んでいる。

  • 羽生&宇野の演技に先輩スケーターが大感動「涙腺崩壊」「みんなかっけぇよ」

    2018.02.17

    平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。1952年のディック・バトン氏(米国)以来、66年ぶりの五輪連覇を成し遂げ、今大会の日本勢金メダル第1号となった。宇野昌磨(トヨタ自動車)が銀メダルを獲得し、日本勢がワンツーフィニッシュを飾った。

  • 宇野昌磨、“可愛すぎる”天然インタビューが話題に 「親近感」「実質金メダル」

    2018.02.17

    平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で3位だった宇野昌磨(トヨタ自動車)が202.73点をマークして、合計306.90点。羽生結弦(ANA)に続く銀メダルを獲得した。宇野の競技後のテレビインタビューでの受け答えが「可愛すぎる」と話題になっている。

  • 羽生結弦の偉業をYoshikiも祝福「Amazing!」 芸能界の超大物から称賛の声続々

    2018.02.17

    平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。66年ぶりの五輪連覇を成し遂げ、今大会の日本勢金メダル第1号となった。また宇野昌磨(トヨタ自動車)が銀メダルを獲得し、日本勢がワンツーフィニッシュを決めた。芸能界からも続々と祝福の声を届けた。

  • 羽生&宇野、日本の五輪メダリストから祝福続々「心臓ばくばく」「めっちゃ感動」

    2018.02.17

    平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。66年ぶりの五輪連覇を成し遂げ、今大会の日本勢金メダル第1号となった。また、宇野昌磨(トヨタ自動車)が銀メダルを獲得し、日本のフィギュア史上初のワンツーフィニッシュを決めた。他競技の日本人メダリストたちも自身のツイッターで続々と祝福のメッセージを送った。

  • 羽生結弦、韓国メディアも快挙を続々速報「右足にありがとう」「世界1位らしい姿」

    2018.02.17

    平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。1952年のディック・バトン氏(米国)以来、66年ぶりとなる連覇の偉業を達成した。開催国の韓国メディアも続々報道。「復活した右足にありがとう」「世界ランク1位らしい姿」と称賛している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集