[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦からの長文メール 振付師がソチ五輪を回想「彼との仕事は素晴らしかった」

フィギュアスケートのカナダ人振付師デビッド・ウィルソン氏が、自身が振付を担当した羽生結弦(ANA)について語った。母国放送局「CBC」の番組内でインタビューに応じている。

ソチ五輪のフリープログラムにてロミオとジュリエットを演じた羽生結弦【写真:Getty Images】
ソチ五輪のフリープログラムにてロミオとジュリエットを演じた羽生結弦【写真:Getty Images】

デビッド・ウィルソン氏が羽生との思い出を語った

 フィギュアスケートのカナダ人振付師デビッド・ウィルソン氏が、自身が振付を担当した羽生結弦(ANA)について語った。母国放送局「CBC」の番組内でインタビューに応じている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 羽生のフリープログラム「ロミオとジュリエット」や、「ノートルダム・ド・パリ」を担当。ほかにもハビエル・フェルナンデス(スペイン)やキム・ヨナ(韓国)の振付も担当した巨匠ウィルソン氏は羽生と出会った頃の思い出を振り返っている。

 7日に26歳を迎えた羽生だが、出会いは2012-13シーズンの事だった。「ユヅル・ハニュウとソチ五輪の時に2シーズン一緒にやってみてどうだったか」という質問に対して、こう答えている。

「その1年前に彼がやってきて、最初に彼の振り付けをしたのは2013年の世界選手権だった。ファントム(オペラ座の怪人)をやりたがっていた。でも私はすでにパトリック(・チャン)と仕事をしていて、彼はそれ(オペラ座の怪人)をやったことで知られていた。割と最近のことだったし、ユヅとやるのはあんまり心地いいものではなかった。だから少し気まずい状況に置かれていた。だから『出来ない。他の物を探そう』と(羽生に)伝えた。それで見つけたのがノートルダムだった。ファントムとも似た調子の曲だし」

 羽生は後に「オペラ座の怪人」も演じているが、こうした経緯があったという。さらに2013-14年の五輪シーズンにあったエピソードについても明かしている。

「彼は何をやりたいか自分の頭の中で持っていた。私もアイディアがあったが、彼は絶対にロミオとジュリエットをやりたいと。私は『あぁ、どうしよう。まただ』ってね。私はすでにサーシャ(・コーエン)でやっていたし、振付師はみんな何度もやっていると思う」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集