[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

露13歳が史上3人目快挙 鼻血に負けず“3A&4回転”成功に現地絶賛「技術的で芸術的」

フィギュアスケートのロシア国内大会・ロシア杯第5戦、ジュニア女子では13歳ソフィア・サモデルキナが237.28点の好スコアで優勝。フリーでは3回転アクセルと4回転サルコーを決めた。非公認ながら1つのプログラムで両方を成功させるのは史上3人目の快挙。次々と出てくるロシアの新たな才能に母国メディアも賛辞を連発している。

13歳のソフィア・サモデルキナ(左)(写真は本人のインスタグラムのスクリーンショットより)
13歳のソフィア・サモデルキナ(左)(写真は本人のインスタグラムのスクリーンショットより)

ロシア杯第5戦ジュニア女子で13歳サモデルキナが圧巻の優勝

 フィギュアスケートのロシア国内大会・ロシア杯第5戦、ジュニア女子では13歳ソフィア・サモデルキナが237.28点の好スコアで優勝。フリーでは3回転アクセルと4回転サルコーを決めた。非公認ながら1つのプログラムで両方を成功させるのは史上3人目の快挙。次々と出てくるロシアの新たな才能に母国メディアも賛辞を連発している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 まさに才能の塊だ。フリーでは冒頭に3回転アクセルに成功。さらに続けて4回転サルコーも美しく決めた。ほぼミスなしの圧巻の演技。途中で鼻から出血するアクシデントもあったが、2位のベロニカ・ジリナに40点以上の差をつけ優勝を飾った。

 ロシアメディア「championat.com」では「素晴らしい年少のスケーターがトゥトベリーゼ氏とプルシェンコ氏の教え子を圧倒した。今度は、ソフィアが勧誘される?」と題して特集している。

「滑走中に鼻血が出るアクシデントすら13歳のサモデルキナを止めなかった」。記事ではこう伝え、さらに「ロシア杯第5戦ジュニア女子の戦いにおける主要なスターにソフィア・サモデルキナがなった。13歳の少女は素晴らしいジャンプのコレクションと見事な滑りとともにトゥトベリーゼ氏とプルシェンコ氏の教え子にまったくチャンスを与えなかった」と称賛している。

 ロシアの女子はエテリ・トゥトベリーゼ氏か、エフゲニー・プルシェンコ氏に師事する選手が多いようだが、サモデルキナはセルゲイ・ダヴイドフ氏の下でトレーニングを積んでいる。同メディアは「はたして今度はソフィアが、より権威があって活動が活発なグループに勧誘されるのか?」と記している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集