[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

14歳ワリエワが史上初快挙 SPで“2本目3A”に露メディア衝撃「新星が歴史作った」

フィギュアスケートのロシア国内大会・ロシア杯第5戦が6日、モスクワで行われ、女子フリーで昨季の世界ジュニア女王、カミラ・ワリエワが168.66点をマーク。参考記録ながら、合計254.86点という衝撃スコアで優勝した。2位とは50点以上の差をつけ、男子の優勝スコアも7点上回った14歳。特に母国メディアが注目しているのはショートプログラム(SP)で2本目のジャンプに3回転アクセルを跳んだことだ。史上初だという快挙に賛辞を連発している。

カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

ロシア杯第5戦で圧巻V、母国はSPでの3回転アクセルに注目

 フィギュアスケートのロシア国内大会・ロシア杯第5戦が6日、モスクワで行われ、女子フリーで昨季の世界ジュニア女王、カミラ・ワリエワが168.66点をマーク。参考記録ながら、合計254.86点という衝撃スコアで優勝した。2位とは50点以上の差をつけ、男子の優勝スコアも7点上回った14歳。特に母国メディアが注目しているのはショートプログラム(SP)で2本目のジャンプに3回転アクセルを跳んだことだ。史上初だという快挙に賛辞を連発している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 SPでは冒頭の3回転フリップに成功。続く3回転アクセルに挑むと、両手を上げた。より難度の高い大技はステップアウトしながら着氷してみせた。参考記録ながら86.20点で男子のSP首位と同スコアをたたき出した14歳。特集しているのはロシアメディア「championat.com」だ。「トゥトベリーゼ氏の新しいスターが唯一無二の達成で驚かせた」とのタイトルで驚きを伝えている。

 エテリ・トゥトベリーゼ門下の新星を「彼女は五輪へ向け比類のない存在になるかもしれない」と絶賛。コロナ禍の中で満足に練習ができていないスケート界にあって、ワリエワの3回転アクセルも不安視されていたというが、今回は見事なジャンプを決めたと称えている。

 予定構成では3回転アクセルではなく2回転アクセルだった。演技が始まるまでは大技に挑まないのではないかという空気も流れていたという。だがワリエワは跳んだ。記事では実際の演技を驚きをもって伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集