[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

甦るパッキャオの失神KO負け 前のめりに崩れたカウンターに米興奮「完璧なタイミング」

ボクシングの元世界4階級制覇王者フアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)が、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)にKO勝ちした試合が米国で再脚光を浴びている。8年前の12月8日、4度目の対戦でマルケスが初勝利したが、強烈なカウンターでパッキャオは前のめりに失神。未だ語り草となっているシーンを米メディアが動画で公開すると、現地ファンからは「完璧なタイミングだね」「この一撃は好き」などと反響が寄せられている。

フアン・マヌエル・マルケスとマニー・パッキャオ(右)【写真:Getty Images】
フアン・マヌエル・マルケスとマニー・パッキャオ(右)【写真:Getty Images】

8年前にマルケスが決めたKO劇にファン「素晴らしい記憶」

 ボクシングの元世界4階級制覇王者フアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)が、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)にKO勝ちした試合が米国で再脚光を浴びている。8年前の12月8日、4度目の対戦でマルケスが初勝利したが、強烈なカウンターでパッキャオは前のめりに失神。未だ語り草となっているシーンを米メディアが動画で公開すると、現地ファンからは「完璧なタイミングだね」「この一撃は好き」などと反響が寄せられている。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 衝撃的な一発が決まった。ラスベガスでの4度目の対戦。結末は6回だ。左ストレートを打ちに踏み込んできたパッキャオに対し、強烈な右カウンターで迎え撃ったマルケス。ドンピシャのタイミングで顎を捉えると、パッキャオは前のめりに倒れ、ピクリとも動かない。レフェリーが試合終了を告げ、マルケスは観客席へ雄たけびを上げた。

 2012年の「リングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤー」に選ばれるなど、高い評価を受けたこの一戦。しばらく起き上がれないパッキャオの姿も印象的な動画を、米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」公式インスタグラムが公開。文面で「8年前の今日、マルケスはパッキャオをKOした。アクション満載の最後の戦いだった」とつづっている。

 現地ファンからは「ボクシング史に残る光景」「素晴らしい記憶が蘇るよ」「マルケス自身も信じられない様子だったよね」「最高の試合だった」「決して忘れないね」「伝説だ」「完璧なタイミングなんだよね」「パッキャオのファンだが、この一撃はかなり好き」などと反響が寄せられている。

 マルケスはこの後、2試合を戦い、2014年に40歳で引退。一方のパッキャオは41歳にして現役であるばかりか、WBA世界ウェルター級スーパー王者なのだから驚異的というほかはない。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集