[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

14歳ワリエワが“タノ4T”連発で50点差V “男子超え”に海外衝撃「3人とは違う何か感じる」

フィギュアスケートのロシア国内大会・ロシア杯第5戦が6日、モスクワで行われ、女子フリーで昨季の世界ジュニア女王、カミラ・ワリエワが168.66点をマーク。参考記録ながら、合計254.86点という衝撃スコアで優勝した。2位とは50点以上の差をつけ、男子の優勝スコアも7点上回った14歳。4回転トウループを両手上げ「タノ」で着氷するなど圧巻の演技に、海外識者も動画を公開して注目している。

カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

国内大会ロシア杯で合計254.86点を獲得

 フィギュアスケートのロシア国内大会・ロシア杯第5戦が6日、モスクワで行われ、女子フリーで昨季の世界ジュニア女王、カミラ・ワリエワが168.66点をマーク。参考記録ながら、合計254.86点という衝撃スコアで優勝した。2位とは50点以上の差をつけ、男子の優勝スコアも7点上回った14歳。4回転トウループを両手上げ「タノ」で着氷するなど圧巻の演技に、海外識者も動画を公開して注目している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 曲目「ボレロ」に乗ってワリエワが衝撃の演技を見せた。濃紺の衣装でリンクに立った14歳。冒頭の4回転―2回転の連続トウループで見事着氷。両手を上げた高難度のジャンプに成功すると、続けて単発の4回転トウループもタノジャンプで決めた。伸びあがるような高い跳躍のスピン。会場からは拍手が送られた。

 ワリエワは86.20点を記録したショートプログラム(SP)も含め、合計254.86点をマーク。198.44点で2位だったツィビノワに50点以上の差をつけ、男子シングルで優勝したグメンニクの合計247.14点を7点以上上回る“男子超え”も果たした。

 実際の動画を欧州衛星放送局「ユーロスポーツ」で解説を務めるマッシミリアーノ・アンベーシ氏が自身のツイッターで公開。「ワリエワは4Tを成功させた。彼女は(ボーナスポイントを含め)254.86点を記録し、ロシア杯の新記録を打ち立てた」などとつづっている。

 今大会はグランプリ(GP)シリーズ第5戦で優勝したトゥクタミシェワやコストルナヤが新型コロナウイルスの検査で陽性となり欠場。主役となったワリエワに、海外ファンからは「最高」「着地が……」「さらにもう一人(が成功させた)」「素晴らしいロシアの若い3人とは違う何かを感じます。北京五輪まで何が起きるか楽しみ」などと反響が寄せられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集