[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2020】ザギトワの「考え込むマサル」が大反響 ちょこんと座る“哀愁”に脚光「走りたそう」

2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回はフィギュアスケートの平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)の愛犬・マサルだ。ザギトワがインスタグラムに画像を公開すると、哀愁漂う後ろ姿にファンから「遠くを見ながら考え込むマサル……」と反響が集まっていた。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―4月、マサルの“哀愁漂う背中”に反響

 2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回はフィギュアスケートの平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)の愛犬・マサルだ。ザギトワがインスタグラムに画像を公開すると、哀愁漂う後ろ姿にファンから「遠くを見ながら考え込むマサル……」と反響が集まっていた。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 マサルが久々に登場した。屋外の道路にちょこんと背中を向けて座ったマサル。顔を向けている先にあるのは、バリケードのテープが手すりに貼られた階段だ。ぐるぐる巻きにされて立ち入り禁止になっているようで、リードで繋がれたマサルは遠くを見つめるようにして座っていた。

 ザギトワのインスタグラムにマサルが登場したのは2月15日以来70日ぶりだった。ザギトワは「マサルの自主隔離」とロシア語、英語でつづり、日本語でも「自己隔離」と記していた。この投稿にファンは「マサルも手洗いマスクを」「マサルかわいい」「いい子だね。アリーナもマサルも元気でいて」「外の空気を味わって!!!」「マサル走りたそう」「遠くを見ながら考え込むマサル……」と注目。新型コロナウイルスの影響で外出が制限されていた中、散歩に出かけた様子にコメントが相次いでいた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集