[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

14歳ワリエワ、男子首位と同得点86.20を記録 圧巻の“タノ3回転アクセル”に海外驚き

フィギュアスケートのロシア国内大会・ロシア杯第5戦が5日、モスクワで行われ、女子ショートプログラム(SP)で昨季の世界ジュニア女王、14歳カミラ・ワリエワが参考記録ながら86.20点という驚異のハイスコアをマークして首位発進。3回転アクセルを両手上げ「タノ」で着氷させ、得点は男子SPの首位選手と同じ、技術点は上回るという結果だった。

カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

ロシア杯第5戦で驚異のハイスコア、技術点は男子SP首位のエロホフ超え

 フィギュアスケートのロシア国内大会・ロシア杯第5戦が5日、モスクワで行われ、女子ショートプログラム(SP)で昨季の世界ジュニア女王、14歳カミラ・ワリエワが参考記録ながら86.20点という驚異のハイスコアをマークして首位発進。3回転アクセルを両手上げ「タノ」で着氷させ、得点は男子SPの首位選手と同じ、技術点は上回るという結果だった。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 ロシア次世代のエース候補が圧巻の演技を見せつけた。冒頭の3回転フリップを成功させると、続く3回転アクセルに挑むと、両手を上げた。より難度の高い大技はステップアウトしながら着氷。後半のルッツ―トウループの連続3回転も決め、レベル4を獲得したスピン、ステップを含め、演技を質高くまとめた。表示された得点は86.20点。“男子顔負”けという表現は文字通りになった。

 その後に行われた男子SPで首位に立った21歳の元世界ジュニア王者アレクセイ・エロホフは86.20点。ワリエワは同じ得点をマークしたばかりか、技術点は46.90点のエロホフを上回る49.24点。まさに圧巻というにふさわしい内容だった。「タノ」で着氷した3回転アクセルはネット上で国内外から驚きの声が上がっており、大きなインパクトをもたらした。

 ワリエワはエフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ、アリョーナ・コストルナヤらを育てたロシアの名伯楽エテリ・トゥトベリーゼ氏の下で練習する14歳。10月にはSNS上でタノで3回転アクセルを決める動画を投稿し、大きな話題を呼んでいた。ロシアの次世代を担う天才少女の勢いは今はまだ、とどまるところを知らない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集