[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

23歳のトゥクタミシェワVを露メディア絶賛「ソトニコワと戦い、今は“3人娘”に勝つ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・ロシア杯で優勝を飾ったエリザベータ・トゥクタミシェワ。23歳にして、17歳の昨季GPファイナル女王アリョーナ・コストルナヤ、16歳のアレクサンドラ・トルソワ(いずれもロシア)らを抑え、存在感を見せつけた。ロシアメディアも「ソトニコワと戦い始め、今は“3人娘”に勝つ」「23歳でステレオタイプを壊している」と称えている。

10代の若手を抑えGPロシア杯を制したエリザベータ・トゥクタミシェワ【写真:Getty Images】
10代の若手を抑えGPロシア杯を制したエリザベータ・トゥクタミシェワ【写真:Getty Images】

低年齢化が進むロシア女子、10代選手を抑えた優勝に高まる評価

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・ロシア杯で優勝を飾ったエリザベータ・トゥクタミシェワ。23歳にして、17歳の昨季GPファイナル女王アリョーナ・コストルナヤ、16歳のアレクサンドラ・トルソワ(いずれもロシア)らを抑え、存在感を見せつけた。ロシアメディアも「ソトニコワと戦い始め、今は“3人娘”に勝つ」「23歳でステレオタイプを壊している」と称えている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 フリーで3回転アクセル―2回転トウループの連続ジャンプを決めるなど、衰え知らずの演技を見せ、148.69点、合計223.39点で優勝を飾ったトゥクタミシェワ。ロシアメディアも健在ぶりを示した23歳と称えている。「eurosport.ru」は「ロステレコム杯 エリザベータ・トゥクタミシェワはソトニコワと戦い始め、今は“3人娘”の世代に勝つ」と見出しを打って特集した。

 記事では「23歳のトゥクタミシェワが2本の3回転アクセルを跳び、自分より若いプルシェンコ氏の教え子コストルナヤとトルソワに勝利した」と紹介。「トゥトベリーゼ氏の教え子がいなくてもロステレコム杯のセンセーションはやはり起こった」と驚きを伝えた上で、こんな表現でその価値を記している。

「紋切り型のフレーズを連続で使うほかない。経験が若さに勝った、先生が生徒に勝った。他の言葉で言うと――アレクセイ・ミーシン氏がエフゲニー・プルシェンコ氏に勝利した、トゥクタミシェワが優勝を争う戦いでコストルナヤに勝った、グリャコワが銅メダルを獲得し、突然、トルソワより高い位置についた」

 演技については冒頭に連続ジャンプで3回転アクセルを成功させたことなどを記述。「23歳のエリザベータはステレオタイプ(先入観)を壊している。彼女は成長期を経て、年少の少女の軽い体を持たずに大人の年齢で安定してウルトラCジャンプを跳ぶことができることを証明した」と10代が席巻する母国で存在感を見せたことを評価した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集