[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

23歳のトゥクタミシェワVを露メディア絶賛「ソトニコワと戦い、今は“3人娘”に勝つ」

「ソトニコワ、リプニツカヤ、ザギトワ、メドベと戦い、今は“3人娘”に勝利」

【特集】「帝京ロンドン学園」で切り拓く未来 FC東京・安斎颯馬も共感、夢に向かう15歳の新たな選択肢

 さらに「現役生活で彼女はアデリーナ・ソトニコワ、ユリア・リプニツカヤと戦い、そしてアリーナ・ザギトワやエフゲニア・メドベージェワとも戦い、今は“3人娘”の世代に勝利した」とし、ソチ五輪女子で優勝したソトニコワ、団体で優勝したリプニツカヤらロシアで歴史を築いてきた多くの選手と実際に戦ってきた価値を強調した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 また「gazeta.ru」は「女帝の王位への復活」とのサブタイトルをつけ、優勝をレポート。「現時点で20-21シーズンにおける主要なセンセーションを与えた」「以前は自分より年少のスケーター(ウルトラCエレメンツを持たないスケーターを含む)に勝つのに3回転アクセルをもってしても足らなかった23歳の彼女が、自身にとってとても必要不可欠な勝利を獲得した」と伝えた。

 その上で、2つの観点から今回の優勝を分析した。「1つ目にフィギュアスケートにおいてかなり年配となる年齢でも、自分の好きではないエレメンツで大きく進歩できることを証明した」とし、これまでは課題とされていたステップ、スピンでポイントを引き出したと指摘。「ここでも彼女はライバルたちに負けなかった」と評価している。

「2つ目に失敗した滑りの後に彼女がいかに落ち着いて(次の演技に向け)集中できるかを見せた。そのような精神的な安定性は多くの年少のスケーターたちはうらやむことしかできない」とも記述。ショートプログラム(SP)で序盤の3回転フリップなどで失敗しながら、翌日は何事もなかったかのように圧巻の演技を見せたことを称えた。

 特にロシアの女子は近年、低年齢化が進み、まだ10代の平昌五輪女王ザギトワも下の世代の突き上げもあり、現在は活動休止となっている。そんな中で23歳になったトゥクタミシェワの勝利は大きな意味がある。

(THE ANSWER編集部)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集