[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアのニュース一覧

  • メドベージェワへ― 盟友ジーが“粋な労い” ファンは感動「あの振付は傑作だわ」

    2018.12.25

    フィギュアスケートのロシア選手権で7位に終わったエフゲニア・メドベージェワ。平昌五輪銀メダルの元女王は不振が続いているが、同フリーのキス・アンド・クライでは笑顔も見せるなど少しずつ本来の姿を取り戻しつつある。今回から変更したショートプログラム(SP)の振り付けを担当したミーシャ・ジー(ウズベキスタン)がインスタグラムを更新。盟友に対してエールを送り、労っている。

  • 宇野昌磨、痛み乗り越える魂のV3に海外最敬礼「けがに屈することはなかった」

    2018.12.25

    フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は187.04点をマークし、合計289.10点。シーズンベストを更新し見事に3連覇を達成した。世界選手権(3月・埼玉)の代表にも決定した宇野は、右足首の痛みを抱えながらも執念のスケーティングで気迫の演技を披露。海外メディアも「鮮やかな勝利」「けがとの戦いに屈することはなかった」と続々称賛を送っている。

  • 【名珍場面2018】高橋大輔と… 荒川静香さんが“聖火リレー2ショット”公開「嬉しい瞬間でした」

    2018.12.25

    2018年も、もう残り僅か。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回はフィギュアスケートの高橋大輔(関大KFSC)と、トリノ五輪金メダリストの荒川静香さん。平昌五輪の聖火リレーのランナーを務めた荒川さんは聖火をつないだ高橋と舞台裏の2ショットを公開し、オリンピックムードを高めた。高橋にとっては競技復帰する約半年前で、当時からすると今の全日本選手権で表彰台に上がる姿は誰も想像できなかったかもしれない。

  • 高橋大輔、情熱の国も復活劇を称賛「間違いなく朗報」「SPの偉大なクオリティ」

    2018.12.25

    フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は187.04点をマークし、合計289.10点。シーズンベストを更新し見事に史上12人目の3連覇を達成した。SP2位の高橋大輔(関大KFSC)が151.10点、合計239.62点で2位。イタリアメディアでは復活の舞台で表彰台にたどり着いた高橋について、「間違いなく朗報」「偉大なクオリティのSPのおかげで2位に」と称賛している。

  • 高橋大輔は「真のレジェンド」 仏振付師が称賛「あなたのフリーを作れたのは栄誉」

    2018.12.25

    フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム2位の高橋大輔(関大KFSC)が151.10点、合計239.62点で2位。6年ぶりに全日本の表彰台に上がった。フランス人振付師は「真のレジェンド」と見事な復活劇を見せた高橋を称賛している。

  • メドベ&ザギトワ、舞台裏の“友情の1枚”に露メディア脚光「週間ベストショット」

    2018.12.25

    フィギュアスケートのロシア選手権は、優勝した14歳アンナ・シェルバコワら、ジュニア勢が表彰台を独占。一方で平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワはフリーで失速し5位、同銀メダルのエフゲニア・メドベージェワはショートプログラムの14位から巻き返したものの7位に終わった。ロシアでは不仲説も囁かれていた両者だが、現地メディア「sports.ru」は演技後に2人が仲良く写真撮影する姿に脚光。画像で公開している。

  • 宇野昌磨が貫録の3連覇達成! 高橋大輔は2位で世界選手権の代表選考対象に

    2018.12.24

    フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は187.04点をマークし、合計289.10点。シーズンベストを更新し見事に史上12人目の3連覇を達成した。SP2位の高橋大輔(関大KFSC)が151.10点、合計239.62点で2位。宇野は世界選手権(3月、埼玉)の代表に決定した。高橋も代表選考対象になる。3位は合計236.45点で田中刑事(倉敷芸術科学大)。

  • 高橋大輔、32歳魂の演技は151.10点! 暫定2位で6年ぶり表彰台確定

    2018.12.24

    フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の高橋大輔(関大KFSC)が151.10点をマークし、合計239.62点。1人を残して暫定2位で、2012年以来の表彰台を確定させた。

  • メドベージェワ、“ファミリー”への感謝の1枚にエール殺到「強く美しく成長する」

    2018.12.24

    フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリストでロシア選手権は7位に終わったエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がインスタグラムを更新。今回から変更したショートプログラム(SP)の振り付けを担当したミーシャ・ジー(ウズベキスタン)、ブライアン・オーサー氏、トレイシー・ウィルソン氏の両コーチとの4ショットを公開。“メドベファミリー”に感謝をつづっている。

  • 坂本花織、“紀平を止めたV”に五輪メディア脚光「人生最高の演技を繰り出した」

    2018.12.24

    フィギュアスケートの全日本選手権は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム2位の坂本花織(シスメックス)が152.36点で合計228.01点をマーク。逆転で初優勝を飾った。SP5位の紀平梨花(関大KFSC)は155.01点、合計223.76点で2位、SP1位の宮原知子(関大)は146.58点、合計223.34点で3位となった。五輪公式メディアでは「サカモトがキヒラの連勝を止めた」と特集している。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集