[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の記事一覧

  • 大谷翔平、被弾した敵投手まで虜になる魅力「好きな選手を1人選ぶなら彼しかいない」

    2021.03.16

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、レッズとのオープン戦に「2番・DH」でスタメン出場。2打席連続本塁打を放つなど3打数2安打2打点の活躍だった。いずれも左翼席への一発。対戦した相手投手は「好きな選手を1人だけ選べるなら、彼しかいない」などとコメントしている。

  • 大谷翔平シフト? レッズ外野手の守備陣形に米記者注目「かなり逆方向に守っている」

    2021.03.16

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、レッズとのオープン戦に「2番・DH」でスタメン出場。2打席連続本塁打を放つなど3打数2安打2打点の活躍だった。いずれも左翼席への一発だったが、米記者はレッズ外野陣の“大谷シフト”に注目。SNSで「かなり逆方向に守っていることが分かるよね?」などと言及している。

  • 大谷翔平、左翼への連続弾にレッズ番記者も衝撃「2度も逆方向…なんて素晴らしい打者」

    2021.03.16

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、レッズとのオープン戦に「2番・DH」でスタメン出場。2打席連続本塁打を放つなど3打数2安打2打点の活躍だった。いずれも左翼席への一発。対戦したレッズの番記者も「問題はオオタニが2度も逆方向に運んだことだ。なんて素晴らしい打者なんだ」と驚きをSNSにつづっている。

  • 大谷翔平、2打席連続“逆方向弾”に米記者驚愕「バカみたいなパワー」「ゾーンに入った」

    2021.03.16

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、レッズとのオープン戦に「2番・DH」でスタメン出場。2打席連続本塁打を放つなど3打数2安打2打点の活躍だった。いずれも左翼席への一発。米記者からは「バカみたいなパワーの持ち主」「ゾーンに入っている」などと反響が寄せられている。

  • 大谷翔平のカーブで三振 打者の“敬意の仕草”に米注目「参ったよと言わんばかり…」

    2021.03.15

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、特別ルールで行われたホワイトソックス戦でオープン戦2度目の先発し、計2回1/3を投げて6安打5失点だった。奪った4つの三振のうち、1つは大きな落差のカーブ。これを空振りした相手打者は思わずサムアップ。大谷の投球を称えたシーンに米メディアが注目を寄せている。

  • 大谷翔平、捕手泣かせの“切れ込みスライダー”に米記者「エグい。これが決まるなら…」

    2021.03.14

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、特別ルールで行われたホワイトソックス戦でオープン戦2度目の先発登板。計2回1/3を投げて6安打5失点だった。この日奪った4つの三振映像をエンゼルスが公開。捕手が体勢を崩しながらもミットに収めたスライダーに、現地記者は「エグい。これが決まるなら大した投球だ」などと言及している。

  • 大谷翔平、世界最大の経済紙WSJも二刀流復活に注目「このようなチャンスは2度とない」

    2021.03.13

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、二刀流での完全復活を目指している。オープン戦では投打に力を見せている26歳に、世界最大の米経済紙「ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)」も注目。「今季はオオタニがそれ(懸念)を払拭するためのシーズン」などと記事で紹介している。

  • 大谷翔平、相手野手も苦笑いの内野安打に米記者注目「オオタニが快足を見せつけた」

    2021.03.12

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が11日(日本時間12日)、ジャイアンツとのオープン戦に「3番・指名打者」で先発出場。3打数2安打をマークし、オープン戦の打率を.538まで上昇させた。足で稼いだ内野安打の映像を米メディアが公開。現地ファンからは「投手の走りじゃない」「速い」などと反響が寄せられている。

  • 大谷翔平、ベストなら200K&25発!? 米メディアが仰天予想「言い換えればMVP候補だ」

    2021.03.10

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季のオープン戦で投打に力を見せつけている。打てば143メートル弾、投げては100マイル(約161キロ)超えという二刀流の今季成績を米メディアが予想。「最高でOPS.900、25本塁打、防御率3.00、200奪三振を記録することができるだろう」と仰天の数字を並べている。

  • 大谷翔平の「可能性は無限大だ」 二刀流復活へ、MLB公式が特集「最高で25本塁打」

    2021.03.07

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は今季二刀流復活が待望されている。オープン戦、打撃ではバックスクリーン越えの143メートル弾を放ち、投げては最速161キロを計測し5つのアウトをすべて三振で奪う快投を披露した。MLB公式サイトは大谷の復活を特集。今季の成績を予測し、打者としては「最高で25本塁打」を打つだろうと大きな期待をかけている。

  • 大谷翔平、見極め困難な「エグい変化球」&161km剛球に米ファン興奮「超最高の状態だ」

    2021.03.07

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板を果たした。最速100マイル(約161キロ)を記録するなど、1回2/3を投げて3安打1失点だった。5つの三振を奪った実際のシーンをMLBが公開。見極めの難しそうな直球と落ちる球に、米ファンからは「エグい変化球」「超最高の状態」などと興奮の声が寄せられている。

  • 大谷翔平は「昨年とは全然違った」 圧巻5Kを米記者称賛「球自体は本当に良かった」

    2021.03.06

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。1回2/3で5奪三振、3安打1失点だった。最速は100マイル(約161キロ)を計測した一方で、スプリットの切れも抜群でアウト全てを三振で奪った。米記者からも続々、称賛が集まっている。

  • 大谷翔平、160km超&宝刀スプリットに敵将も警戒「健康ならば、タフな相手となる」

    2021.03.06

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。1回2/3で5奪三振、3安打1失点だった。最速は100マイル(約161キロ)を計測した一方で、スプリットの切れも抜群でアウト全てを三振で奪った。同地区のライバル、アスレチックスの指揮官も「彼が健康な状態で投げてくるとするならば、タフな相手となる」と警戒を強めている。

  • 大谷翔平、初登板で圧巻5K 落ちすぎスプリットに米仰天「美しい」「打てるわけない」

    2021.03.06

    米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。1回2/3で5奪三振、3安打1失点だった。最速は100マイル(約161キロ)を計測した一方で、スプリットもキレキレ。打者の足元に当たりそうなほど落差のあるボールで空振りを奪うシーンを、米名物セレブが動画付きで公開。現地ファンの驚きを誘っている。

  • 大谷翔平、143m弾は“年間5傑級”特大弾 米メディア称賛「この上ないニュース」

    2021.03.05

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、レンジャーズとのオープン戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で中越え2ランを放った。バックスクリーンを越える468フィート(約142.6メートル)の“今季1号”を、米メディアは両リーグで生まれた本塁打と比較。「5番目に大きな本塁打だった」と驚きをもって伝えている。

  • 大谷翔平、自己最長143m弾“発射の瞬間”に米ファン興奮「この男のスイングが大好き」

    2021.03.04

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、レンジャーズとのオープン戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で中越えに特大2ランを放った。バックスクリーンを越える468フィート(約142.6メートル)の“今季1号”。インパクト直後の写真をエンゼルスが公開すると、米ファンからは「この男のスイングが大好き」などと興奮のコメントが寄せられている。

  • 大谷翔平、143m特大“今季1号”に米記者も衝撃「堂々たる風格」「ボールがかわいそう」

    2021.03.04

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、レンジャーズとのオープン戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で中越え2ランを放った。バックスクリーンを越える468フィート(約142.6メートル)の“今季1号”に、米記者からは「堂々たる風格」「ボールにかわいそうなことをした」などと驚きの声があがっている。

  • 【名珍場面2020】大谷翔平、地面スレスレを拾う芸術的1号 “変態打ち”に米仰天「なんてモンスター」

    2020.12.01

    早いもので2020年も12月を迎えた。今年は新型コロナウイルスによる影響を大きく受けたスポーツ界。そんな中でも、観る者に感動を与えるスーパープレーから思わず笑ってしまう珍事まで、記憶に残るシーンが生まれた。そこで「名珍場面2020」と題し、今年の出来事を連日振り返っていく。今回は米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手。今季初めて4番に座った7月29日(日本時間30日)のマリナーズ戦、地面スレスレのカーブをすくい上げて第1号本塁打を放った。エンゼルスが動画付きで速報すると、米ファンからは驚きの声が続々と上がった。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集