[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアのニュース一覧

  • 宮原知子は「完璧だった」 貫禄V2に米名手も賛辞「エネルギーに満ち溢れている」

    2018.10.22

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカは21日(日本時間22日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宮原知子(関大)が145.85点をマークし、合計219.71点で2連覇を達成した。2位は合計213.90点の坂本花織(シスメックス)が入り、日本勢が1、2位を独占した。進化を見せつけ、V2を果たした日本のエースに対し、平昌五輪メダリストの名手は「彼女は完璧だった」と賛辞を送っている。

  • 宮原知子、圧巻の“進化のV2”に海外続々絶賛「偉大な強さ」「サトコはファイターだ」

    2018.10.22

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカは21日(日本時間22日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宮原知子(関大)が145.85点をマークし、合計219.71点で2連覇を達成した。2位は合計213.90点の坂本花織(シスメックス)が入り、日本勢が1、2位を独占した。見事に優勝した日本のエースに対し、海外から「偉大な強さ」「サトコはファイターだ」と賛辞が上がっている。

  • 宮原知子、V2へ貫禄首位発進に米記者賛辞「このプログラムこそサトコ・ミヤハラ」

    2018.10.21

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは20日(日本時間21日)、女子ショートプログラム(SP)で宮原知子(関大)が73.86点で首位発進した。連覇を狙う20歳の好演技に対し、海外記者は「このプラグラムこそサトコ・ミヤハラ。どのひとかけらをとっても」と賛辞を並べている。

  • 名門エール大チェンが40点差V “文武両道”貫徹に意欲「完璧を目指して努力する」

    2018.10.21

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは20日(日本時間21日)、男子フリーでショートプログラム(SP)首位のネイサン・チェン(米国)が189.99点をマークし、合計280.57点で優勝。今季から名門エール大に進学した文武両道の世界王者は「完璧を目指して努力する」と語っている。米記者が伝えている。

  • 羽生結弦は久々!? メドベの“我が家20人集合”に大反響「史上最高にキュートな1枚」

    2018.10.20

    フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がインスタグラムを更新。羽生結弦(ANA)今季から練習拠点とする「クリケット・クラブ」メンバーとの豪華集合写真を「私がスケートをする我が家」と題して公開し、海外ファンに「これは貴重」「史上最高にキュートな1枚」「これ見てハッピーになった」「ユヅ お久しぶり」と大反響を呼んでいる。

  • 世界王者チェン、貫禄の90点超首位発進 海外メディア賛辞「エネルギッシュなSPだ」

    2018.10.20

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは19日(日本時間20日)、男子ショートプログラム(SP)でネイサン・チェン(米国)が90.58点で首位発進した。2位はミハル・ブジェジナ(チェコ)、3位はジュリアン志傑乙(マレーシア)が入った。

  • メドベージェワ、同門盟友の“新ヘアコンビ”に海外反響「レトロで美しい1枚!」

    2018.10.18

    フィギュアスケートは、いよいよグランプリ(GP)シリーズの開幕とともに本格的なシーズン幕開けを迎えようとしているが、ジェイソン・ブラウン(米国)がインスタグラムを更新。今季から同門となり、そろって新ヘアで挑むエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)との2ショットを公開し、海外ファンに「ちょっとレトロで美しい1枚!」「ワンダフルな友情」と話題を集めている。

  • 衝撃の14歳トルソワとは何者か 天才少女の肖像「みんな4回転なら私は5回転を跳ぶ」

    2018.10.18

    フィギュアスケートでISU公認大会で女子史上初の4回転ルッツを決めたアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)。弱冠14歳にして、フィギュア界に衝撃を与えたが、多くの名選手を育て上げたエテリ・トゥトベリーゼコーチのもとで、いかに進化を遂げてきたのか。母国ロシアメディアが伝えた横顔をひも解くと、天才少女の肖像が見えてくる。

  • 織田信成、米記者絶賛の“176.95点の衝撃”回顧「でーへん言うてたのにすいません!」

    2018.10.14

    フィギュアスケートのジャパンオープンで世界3位相当となる衝撃の176.95点をマークし、話題を呼んだプロスケーターの織田信成が公式ブログを更新。海外記者も「今からでも現役復帰プリーズ」と絶賛した大会を「また一つ成長できた」と回顧し、さらに宮原知子(関大)の“美腹筋”で注目されたメンバーらとの集合写真を多数アップしている。

  • 14歳トルソワ、史上初4回転Lz成功も病み上がりだった 「跳ばずに去ることはない」

    2018.10.13

    フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第7戦アルメニア大会は12日、女子フリーを行い、ロシアの14歳アレクサンドラ・トルソワがISU公認大会では史上初となる4回転ルッツを決めた。146.81点をマークし、合計221.00点で優勝し、ジュニアGPファイナル(12月・カナダ)進出を決めた。4回転ルッツ成功の瞬間を米の名物記者が動画で公開するとフィギュア界に衝撃が走ったが、トルソワ自身はなんと体調を崩していたという。ロシアメディアが報じている。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集