[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアのニュース一覧

  • 羽生結弦2冠! 米メディア「フリー今季NO1投票」も圧勝、宇野昌磨とワンツー再現

    2017.05.04

    男子フィギュアスケート界で今季、金字塔を打ち立てた羽生結弦(ANA)。世界選手権で自身が持つフリー歴代世界最高得点を更新して優勝し、逆転で3年ぶりに世界王者に返り咲いた。久石譲氏作曲の「ホープ&レガシー」に乗せて圧倒したフリーの演技でリンクを支配したが、海外のファンからも人気を博していた。米メディアが実施した「今季のフリーNO1ファン投票」で宇野昌磨(中京大)らを抑え、圧倒的な大差で1位を獲得。SP部門との2冠を達成した。

  • 羽生結弦、米メディアの「今季SP・NO1投票」で圧勝「“クレイジー”な大差で選出」

    2017.05.03

    男子フィギュアスケートで世界選手権(ヘルシンキ)を3年ぶりに制し、世界王者に返り咲いた羽生結弦(ANA)。今季は、ショートプログラム(SP)でプリンスのロックナンバー「レッツゴー・クレイジー」を演技曲に使用し、新たな一面を見せたことが話題を呼んだが、挑戦的な試みは海外ファンからも絶大な支持を受けていた。

  • メドベージェワはいかにして世界女王に育ったのか 恩師が明かす、揺るぎなき信頼

    2017.05.02

    フィギュアスケート界の絶対的女王に君臨するエフゲニア・メドベージェワ。2016-17年は世界選手権連覇を達成、世界国別対抗戦ではSP、フリー、総合すべてで世界歴代最高得点と圧倒的な強さを見せつけた一方、エキシビションでアニメ「セーラームーン」のヒロインになりきり、ファンを魅了した。そんな強く、自由な発想を持った17歳の成長を支えたのが、ロシア人コーチ、エテリ・トゥトベリーゼ氏だ。

  • 飛躍の羽生結弦、海外メディア特集“今季フィギュア名場面”で3シーン選出

    2017.04.30

    海外メディアが今季のフィギュアスケートの“名場面”を特集し、羽生結弦(ANA)は3シーンが選出されている。米スケート専門メディア「icenetwork」が「2016-17のベスト・フォト」特集を組んで伝えている。

  • メドベージェワの“アニコス”に世界も関心 米報道「彼女の努力に魅了されていた」

    2017.04.25

    23日に行われたフィギュアスケート世界国別対抗戦(代々木第一体育館)のエキシビション。大きな話題となったのは、エフゲニア・メドベージェワが「美少女戦士セーラームーン」の主題歌「ムーンライト伝説」に合わせて演じたことだった。一緒に出演した本田真凜が自身のインスタグラムにツーショット写真をアップするなどして反響を呼んだが、世界女王が日本のアニメに入り込んだ魅惑の衣装は、海外でも大きな関心を持たれている。

  • 羽生結弦、おちゃめな「日本一」の“仮装” 村元哉中「彼にはNO1が1番お似合い」

    2017.04.25

    日本の3大会ぶり2度目の優勝で幕を閉じたフィギュアスケートの世界国別対抗戦。世界の強豪6か国が集結し、華やかな祭典を繰り広げたが、キスアンドクライで見せた各国選手たちの“仮装”も、お祭りを盛り上げた要因の一つだ。そんな中、日本のエース・羽生結弦の被り物を主将のアイスダンス・村元哉中が自身のインスタグラムに投稿。ファンから「とっても可愛い」と声が上がっている。

  • 心込めた34行の直筆文 村上佳菜子が引退報告「皆様の応援は支えであり原動力」

    2017.04.23

    フィギュアスケート女子の村上佳菜子が23日、現役引退を表明した。世界国別対抗戦(代々木第一体育館)のエキシビジョンに登場し、ファンに報告。その後、自身の公式サイトで「いつも応援してくださっている皆様へ」と題し、心を込めた34行に渡る直筆文を掲載した。

  • リンク内外でファンを笑顔に― 国別対抗、V逸米国のブラウンが日本を祝福

    2017.04.23

    フィギュアスケートの世界国別対抗戦(代々木第一体育館)は22日、日本が3大会ぶり2度目の優勝を飾った。アメリカにとっては3連覇を逃す形となったが、男子シングルの15年全米王者、ジェイソン・ブラウンが日本語で「1位おめでとうチーム日本!」と祝福を寄せた。

  • 日本、国別対抗V 国際連盟は最強JKコンビ称賛「その時は女子フリーで訪れた」

    2017.04.23

    ィギュアスケートの世界国別対抗戦(代々木第一体育館)は22日、日本が3大会ぶり2度目の優勝を飾った。最終種目の女子シングルのフリーでは、三原舞依(神戸ポートアイランドク)が2位、樋口新葉(日本橋女学館高)が3位と健闘。チーム合計109点で、105点の2位ロシア、97点の3位アメリカを抑えて頂点に輝き、海外メディアも日本の躍進を報道。「全体に渡って安定した演技で勝者となった」と賛辞の声が上がっている。

  • メドベージェワ、女子初160点超! 日本新の三原&樋口が2、3位 女子フリー結果

    2017.04.22

    フィギュアスケートの世界国別対抗戦(代々木第一体育館)は最終日の22日、女子シングルのフリーで世界女王、エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)が女子初となる160.46点をマークし、自身が持つフリーの世界歴代最高得点を更新。驚異の世界新で1位となった。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集