[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、世界選手権で4Lo投入へ 新コーチ絶賛「チェンでもできない」技術とは

フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)はオランダのハーグで行われるチャレンジカップに出場する。4連覇を達成した昨年の全日本選手権以来の実戦に臨む宇野を指導するステファン・ランビエール氏が米メディアのインタビューで、新たに4回転ループの精度を高めていると明かしている。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

ランビエール氏が米メディアのインタビューで明かす

 フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)はオランダのハーグで行われるチャレンジカップに出場する。4連覇を達成した昨年の全日本選手権以来の実戦に臨む宇野を指導するステファン・ランビエール氏が米メディアのインタビューで、新たに4回転ループの精度を高めていると明かしている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 さらに進化した姿が見られそうだ。米放送局「NBCスポーツ」が宇野のコーチに就任するランビエール氏のインタビューを掲載。新たな4回転ジャンプを組み込む可能性については、こう説明している。

「ええ。デイビッド・ウィルソン(宇野のフリーの振り付け担当)は、フリープログラムの細かい部分を練り直すためにスイスを訪れました。4回転ジャンプを加えることは、ジャンプのタイミングと軌道に加え、ショウマの集中力に変化を及ぼします。そこで今は、プログラムが自然なものになるよう、反復を繰り返している過程にあります」

 スイスを拠点にトレーニングを重ねている宇野。調整については順調に進んでいると認めた上で、世界選手権へ向けたプランの一端を明かしている。

「今はルッツに取り組んでいますが、4回転ではありません。ショウマは正しい方法を体得するためにまだトレーニングをする必要があります。4つのターンを問題なくローテーションすることができますし、左回りのための正しい方法が分かれば4回転ルッツの着地もできるでしょう」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集