[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、“世界前哨戦”首位発進に海外メディア評価「3週間後も変わらずV候補だ」

フィギュアスケートのチャレンジカップは22日、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(関大KFSC)が74.27点で首位発進を決めた。海外メディアは「冴えわたるような3回転アクセル」「世界選手権も変わらず優勝候補だ」と評価している。

紀平梨花【写真:AP】
紀平梨花【写真:AP】

チャレンジカップ、ミスがあっても首位…横井ゆは菜とワンツー発進

 フィギュアスケートのチャレンジカップは22日、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(関大KFSC)が74.27点で首位発進を決めた。海外メディアは「冴えわたるような3回転アクセル」「世界選手権も変わらず優勝候補だ」と評価している。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 後半の連続3回転ジャンプで転倒したものの、代名詞の3回転アクセルは決め、74.27点で首位に立った紀平。73.29点をマークした横井ゆは菜(中京大)とのワンツー発進を飾った。

 IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は「SPでミスがありながらも、リカ・キヒラはチャレンジカップでリード」と見出しを打って特集。ミスをものともしない首位発進について評価し、3回転アクセルについては「キヒラは冴え渡るような3回転アクセルを披露した。それは彼女の3つのジャンプのエレメンツの中で最も綺麗なものだった」と評した。

 その上で「たった3週間後にモントリオールでアレクサンドラ・トルソワ、アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワというロシアの“3A(名前の頭文字を取った3人の総称)”の脅威に直面するが、変わらずキヒラは優勝候補であり続けるだろう」と天才3人娘と激突する世界選手権も中心の一角と認めた。

 ワールド前哨戦として参戦した今大会。23日のフリーでは優勝はもちろん、自分の納得できる演技で弾みをつけられるか。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集