[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ナバレッテが11回TKOで5戦連続KO防衛 “根性の13連打”で決着、1年2か月で早くもV5

ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガス・MGMグランドガーデンアリーナで行われ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が同級5位ジェオ・サンティスマ(フィリピン)に11回2分20秒TKO勝ちを収めた。王座奪取から1年2か月で早くも5度目の防衛に成功。WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)のメインイベントを前に猛ラッシュを見せつけた。

エマヌエル・ナバレッテ(右)【写真:AP】
エマヌエル・ナバレッテ(右)【写真:AP】

1年2か月で6戦全勝、井上尚弥戦望んでいたメキシカンがV5

 ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチが22日(日本時間23日)、米ラスベガス・MGMグランドガーデンアリーナで行われ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が同級5位ジェオ・サンティスマ(フィリピン)に11回2分20秒TKO勝ちを収めた。王座奪取から1年2か月で早くも5度目の防衛に成功。WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)のメインイベントを前に猛ラッシュを見せつけた。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 ナバレッテが19勝(16KO)2敗の23歳を退けた。序盤からリーチを生かしたタイミングのいいジャブで主導権を握る。3回には前に出てくる挑戦者に対し、ワンツーからの左ボディーでダメージを効かせた。しかし、4回に左フックをもらってバランスを崩す。猛然と打ち返したが、ダメージは明らかだった。

 前半の猛攻で中盤に疲れを見せたナバレッテ。相手のカウンターを受ける場面もあり、手数が減った。10回に再び息を吹き返してラッシュ。11回にもロープ際に追い詰めてパンチを浴びせ続ける。なかなか屈しない挑戦者だったが、最後は王者がコーナーで拳をぶつけ続けてレフェリーがストップをかけた。

 2018年12月にアイザック・ドグボエ(ガーナ)から王座奪取。昨年だけで4試合を行い、25歳で30勝(26KO)1敗の戦績を誇る。以前には、米メディアに対し「モンスター・イノウエは誰もが対戦を切望するファイターだと思う。オレもそのリストに入っている。彼のようなファイターと対戦できることは喜びだ。122ポンドで彼を歓迎したい」と語り、WBAスーパー&IBFバンタム級王者・井上尚弥(大橋)が階級を上げた場合の対戦に意欲を示していた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集