[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴルフのニュース一覧

  • 天才ゴルファー・マキロイが「異次元」チャレンジ “宇宙服姿”で正確ショット披露

    2017.08.09

    男子ゴルフ世界ランキング4位のロリー・マキロイ(英国)は、圧巻の飛距離とショットの正確性を武器にメジャー通算4勝を誇る。そんな天才が自身のインスタグラムで“宇宙服姿”の動画を投稿し、注目を集めている。

  • 日本の歴史に新たな1ページを 専門メディアが松山特集「ヒデキの時代がやってくる」

    2017.08.09

    10日から全米プロゴルフ選手権が開幕する男子ゴルフ。悲願のメジャー初制覇に挑む松山英樹(レクサス)への注目度は日に日に高まっているが、欧州メディアも「待ちに待ったヒデキの時代がやってくる」とゴルフ界の新たな“帝王”候補として名前を挙げている。

  • アン・シネ、初のトップ10へ長野で旋風なるか 初日のラウンド組み合わせは?

    2017.08.09

    国内女子ゴルフツアーのNEC軽井沢72ゴルフトーナメント(長野・軽井沢72ゴルフ)は11日に開幕する。今大会にはアン・シネ(韓国)が2週間ぶりに日本参戦となる。「韓国のセクシー・クイーン」は9日にインスタグラムを更新し、練習ラウンドで会場のコースを訪れたことを報告。ファンからは「アンちゃん頑張れ」「ファイティン」と応援メッセージが寄せられている。

  • 松山のスイングに名手ニクラスやウッズと共通点 米専門家が分析「皆同じフォーム」

    2017.08.09

    男子ゴルフ世界ランキング3位の松山英樹(レクサス)は、10日に開幕する全米プロゴルフ選手権で悲願のメジャー初制覇に挑む。世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待で最終日に大会レコードタイとなる「61」をマークした「ヒデキ・チャージ」で海外メディアからも大きな注目を集めたが、有名ゴルフアナリストは松山のスイングに着目し、歴代の名手たちと「同じフォームだ」と分析している。

  • 「次なるゴルフ界を支配する存在」 松山、念願のメジャー初制覇へ米メディアも期待

    2017.08.09

    海外男子ゴルフの世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待で優勝を果たした松山英樹(レクサス)。最終日はタイガー・ウッズ(米国)に並ぶ大会タイ記録の「61」をマークし、逆転Vを飾った。2013年大会でウッズと同組で回った松山が偉業を“再現”したことから、「次なるゴルフ界を支配する存在になるかもしれない」と賞賛している。米ゴルフ専門メディア「ゴルフダイジェスト・コム」が報じている。

  • 松山、「58フィートの衝撃」にやまない称賛 「ショット・オブ・ザ・ウィーク」選出

    2017.08.08

    海外男子ゴルフの世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待で優勝を果たした松山英樹(レクサス)。最終日はタイガー・ウッズ(米国)に並ぶ大会タイ記録の「61」をマークし、逆転Vを飾ったが、その口火を切ったのが2番パー5だ。圧巻のチップインイーグルを、PGA公式ツイッターが「ショット・オブ・ザ・ウィーク」に選出。いまだ「58フィートの衝撃」はやまずにいる。

  • 松山、全米プロ選手権でついにV本命! PGA公式が太鼓判「歴史作る準備整った」

    2017.08.08

    海外男子ゴルフの世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待で優勝を飾った松山英樹(レクサス)が、今週の今季メジャー最終戦・全米プロゴルフ選手権で優勝候補本命に浮上した。PGAツアー公式サイトが選手の格付けを掲載。日本の25歳は並みいる強豪を抑え、堂々のトップに君臨している。

  • その額、8億5700万円― 松山、勝つたびについて回る偉業 米賞金ランク1位浮上

    2017.08.08

    海外男子ゴルフの世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待(米オハイオ・ファイアストーンCC、パー70)最終日は6日(日本時間7日)、2打差の4位から出た松山英樹(レクサス)が大会タイ記録の「61」をマークし、通算16アンダーで逆転V。今季3勝目をマークした25歳は優勝賞金166万ドル(約1億8400万円)を獲得し、米賞金ランキングも1位に浮上した。その額、773万4907ドル。日本円にして約8億5700万円だ――。

  • 松山、隣で見たタイガーに並ぶ“運命の偉業”に反響「4年後、ヒデキが“61”を入れた」

    2017.08.07

    海外男子ゴルフの世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待(米オハイオ・ファイアストーンCC、パー70)最終日は6日(日本時間7日)、2打差の4位から出た松山英樹(レクサス)が1イーグル、7バーディー、ノーボギーの「61」をマーク。13年大会で同組で記録したタイガー・ウッズ(米国)に並ぶ大会タイ記録となった。運命的な偉業をPGA公式ツイッターも「それから4年後。今度はヒデキ自身が“61”を流し込んでみせた」と称賛している。

  • 「ヒデキが火を噴いた」 松山、“過去最高”の猛チャージに海外メディアも称賛

    2017.08.07

    海外男子ゴルフの世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待(米オハイオ・ファイアストーンCC、パー70)最終日は6日(日本時間7日)、2打差の4位から出た松山英樹(レクサス)が大会レコードタイとなる「61」をマーク。圧倒的なパフォーマンスを見せ、通算16アンダーで優勝を飾った。最終日に見せた「ヒデキ・チャージ」に、英衛星放送局「スカイ・スポーツ」も称賛を送っている。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集