[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

横峯さくら、スーパーイーグル炸裂 1歳の息子は夫の両親に預け「テレビ電話も我慢」

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕した。初日の午前スタート組では、横峯さくら(エプソン)が1イーグル、1バーディー、1ボギーの70で2アンダー。同じコースで開催された2014年大会以来の出場で、好発進した。プレーに集中していたことで、この日が「こどもの日」であることは忘れていたようだが、1歳の愛息のためも頂点を目指す。

2アンダーで好発進を決めた横峯さくら【写真:Getty Images】
2アンダーで好発進を決めた横峯さくら【写真:Getty Images】

国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパス杯初日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕した。初日の午前スタート組では、横峯さくら(エプソン)が1イーグル、1バーディー、1ボギーの70で2アンダー。同じコースで開催された2014年大会以来の出場で、好発進した。プレーに集中していたことで、この日が「こどもの日」であることは忘れていたようだが、1歳の愛息のためも頂点を目指す。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 10番パー4。横峯はピンまで残り109ヤードの第2打を48度ウェッジで放ち、直接カップインさせた。「ボールが消えた瞬間が見えて、ギャラリーの方が『入ったよ~』と教えてくれました」。イーグルを確信すると、両手を挙げてジャンプ。キャディーを務める夫の森川陽太郎氏とハイタッチをして歓喜した。

 前半は我慢のゴルフが続いて、手にしたイーグルのご褒美。その後は、1バーディー、1ボギーでスコアをキープした。前週のパナソニックオープンレディースは予選落ちしたが、その後の練習でショット、前日4日にパットのフィーリングを取り戻していたという。

 今季は8年ぶりに国内ツアーを主戦場としており、1歳の長男・桃琉(とうり)君を連れて、各地を転戦してきた。だが、今回は愛息を夫の両親に預けているという。

「国内の試合で息子を置いてきたのは初めてです。テレビ電話もしたいのですが、それでいないことを認識してしまうようになったので、我慢しています」

 一方で、「ゴルフのことを考える時間が増えた」といい、「今日がこどもの日であることが忘れていました」と苦笑い。優勝については、「常に狙っています」と言った。ツアー23勝でメジャー2勝。最終目標の30勝、永久シード獲得に向けて、横峯は第2日も一打に集中する。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集