[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

THE ANSWER編集部・柳田 通斉の記事一覧

  • 横峯さくら、21位で来季前半の出場権獲得「優勝して息子にカッコいい姿を見せたい」

    2021.12.03

    女子ゴルフの来季国内ツアー最終予選会(QT)最終ラウンド(R)が3日、静岡・葛城GC宇刈C(6412ヤード、パー72)で行われた。42位で出た横峯さくら(エプソン)は69で回って通算イーブンパーとし、21位で終了。来季前半戦フル出場の目安とされる30位圏内に入った。2015年から米ツアーを主戦場にしてきたが、来季は7季ぶりに国内ツアーへ復帰。目標は「早く優勝できる状態にすること」で、今年2月に誕生した長男にカッコいい姿を見せたいと意欲を示した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 女子ゴルフ最終戦に重なる17年前の光景 記者が感じた宮里藍の「負けじ魂」に通じる姿

    2021.11.30

    2020年と統合された今季の女子ゴルフ・国内ツアーは、最後まで盛り上がりを見せて終了した。個性あるスター選手が増え、高いレベルで競ってファンをひきつけた。最大の要因は、選手たちが妥協せず、貪欲に練習に取り組んできたことだろう。

  • 稲見萌寧を賞金女王に導いたコーチ 情に流されない信念「怒っていても態度変えない」

    2021.11.29

    女子ゴルフの今季最終戦、国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎CC、6543ヤード、パー72)は28日、最終ラウンド(R)が行われ、2020年との統合シーズンで行われた今季全日程が終了した。22歳の稲見萌寧(都築電気)が、初の賞金女王を獲得。東京五輪銀メダル、メジャー大会優勝に続く目標達成で「自分の中では100点」と言った。一方で、不振や腰痛で「心が折れた時もあった」と明かしたが、それでも奥嶋誠昭コーチは稲見への接し方を変えなかったという。その理由とは。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • シーズンMVPに輝いた古江彩佳 逆転女王へ、優勝だけを狙っていた「直ドラ」の気合い

    2021.11.28

    女子ゴルフの今季最終戦、国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎CC、6543ヤード、パー72)は28日、最終ラウンド(R)が行われ、2020年との統合シーズンで行われた今季全日程が終了。賞金ランク1位で迎えた稲見萌寧(都築電気)が初の賞金女王を獲得した。同2位で迎えた古江彩佳(富士通)は通算6アンダーで今大会3位に終わったが、試合ごとに獲得ポイントで決めるメルセデス・ランキングで1位(シーズン最優秀選手)になり、3年シードを獲得。29日には、来季米女子ツアー最終予選会出場のため、渡米する。

  • 首位発進の古江彩佳、凄まじい負けず嫌い魂 宮崎なのに「チキン」を食べない理由

    2021.11.25

    女子ゴルフの今季最終戦、国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎CC、6543ヤード、パー72)が25日、開幕した。逆転賞金女王を狙う賞金ランク2位・古江彩佳(富士通)が、9バーディー、1ボギーの64で回り、8アンダーで単独首位に立った。同組だった賞金ランク1位・稲見萌寧(都築電気)は1バーディー、3ボギーの74となり、25位タイと出遅れた。古江は、賞金女王になるには単独2位以上が最低条件だが、「この試合で1位になりたい」と宣言。地鶏が名産の宮崎で開催の大会にも関わらず、「チキン(英語で弱気、臆病の意味)」にゲンを担いでいることも明かした。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 後輩・渋野日向子から届いた1通のLINE 23歳成澤祐美、6度目でプロテスト合格を掴むまで

    2021.11.10

    2021年度日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の最終プロテストは2~5日に京都・城陽CCで行われ、20位タイまでの21人が合格した。JLPGA正会員でなければ、ツアー予選会(QT)も受験できない規定の下、総受験者614人で合格率は3.4%。その超難関を突破した中には、岡山・作陽高で渋野日向子の1学年先輩で6度目受験の成澤祐美もいた。「目標は渋野」と話す23歳が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、合格に至るまでの道のりと心の揺れ、今後を聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 渋野日向子、全身「誰にも染まらない白」統一で首位浮上「やべーミスもほぼなく安定」

    2021.10.30

    女子ゴルフの国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」第2ラウンド(R)が30日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。3位で出た渋野日向子(サントリー)は、4連続を含む6バーディー、2ボギーの68で回り、通算7アンダーでペ・ソンウ(韓国)と並んで首位に立った。ツアー史上3人目の3週連続優勝を狙う古江彩佳(富士通)は、通算2アンダーで5位につけた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

  • 松山英樹に見た「マスターズ王者の勝ち方」 元キャディー進藤大典は歓喜「もう完璧」

    2021.10.25

    米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップ最終ラウンド(R)が24日、千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で行われ、松山英樹(LEXUS)が通算15アンダーで優勝を飾った。2位キャメロン・トリンゲール(米国)に一時は抜かれながらも、終わってみれば5打差をつけて米ツアー7勝目。松山の元キャディーでゴルフ解説者の進藤大典氏は「これぞマスターズ王者の勝ち方です」と歓喜した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 古江彩佳、11か月ぶりVで感涙 欧州遠征で掴んだきっかけ「ミスを悔やまなくなった」

    2021.10.17

    女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースは17日、千葉・東急セブンハンドレッドC(パー72、6679ヤード)で優勝者を決めるプレーオフが行われ、古江彩佳(富士通)が勝みなみ(明治安田生命)を制して優勝した。アマ時代の2019年にも同大会に勝っており、今回は所属プロとして制覇。ツアー通算5勝目を飾った。表彰式では思わず感涙。会見では「神様が与えてくれた試練を乗り越えての優勝」と喜びを口にした。(取材・文=THE ANSWER編集部 柳田 通斉)

  • 2週連続V逃した渋野日向子、ポケモン塗り絵の最中に中止決定「心が落ち着くと聞き…」

    2021.10.17

    女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディース最終ラウンド(R)は17日、千葉・東急セブンハンドレッドC(パー72、6679ヤード)で行われていたが、降雨によるコースコンディション不良のため、午前10時45分に中止が決定した。1打差で2週連続の優勝を逃した渋野日向子(サントリー)が会見。中断が発表された後、再開を信じてロッカーで塗り絵をしている最中に中止決定の発表を聞いたことを明かし、第2Rの13番でボギーを打ったことを後悔。「3パット~と思いました」と苦笑いした。(取材・文=THE ANSWER編集部 柳田 通斉)

  • 高3アマ・佐藤心結は「日本の宝になる」 V争いから一夜、プロテスト目前で師匠が断言

    2021.10.11

    女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディスは10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で最終日が行われ、渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの優勝を遂げた。プレーオフの末に2位となったアマチュアの佐藤心結(さとう・みゆ=明秀学園日立高3年)は一夜明けた11日、プロテスト2次予選の会場、茨城・ザ・ロイヤルGCで練習ラウンドを行った。前日までキャディーとして共に戦った三觜喜一(みつはし・よしかず)コーチは、佐藤を「日本の宝になる選手」と表現。無事に合格することを願った。

  • 渋野日向子にPOで惜敗 ピン直撃の不運も、アマ佐藤心結は“充実”の涙「やりきった」

    2021.10.10

    女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われた。首位スタートの佐藤心結(みゆ・明秀学園日立高3年)は通算10アンダーで終え、渋野日向子(サントリー)ら4人とのプレーオフに突入。しかし、3人に絞られた2ホール目でバーディーを逃し、史上8人目のアマチュアでのツアー優勝を果たせず2位に終わった。渋野が国内ツアー通算5勝目。(文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 首位浮上の高3アマ佐藤心結の師匠が断言「最初から勝ちに来ています。それだけの選手」

    2021.10.09

    女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス第2ラウンド(R)は9日、静岡・東名CC(パー72、6592ヤード)で行われた。2位でスタートしたアマチュアの佐藤心結(さとう・みゆ=明秀学園日立高3年)は1イーグル、3バーディー、2ボギーの69で通算8アンダー。小祝さくら、工藤遥加と並んで首位に立った。3日後の12日にはプロテスト2次予選第1日を控えるが、今大会で佐藤のキャディーを務める三觜喜一(みつはし・よしかず)コーチは「最初から勝ちに来ています。それだけの選手」と断言。力を合わせて快挙を狙う姿勢を示した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 51歳でツアー初V飾った苦労人プロの想い「シニアでピークが来た。諦めなくて良かった」

    2021.10.05

    国内女子ゴルフツアーでは20歳前後の選手たちが勝利を重ねているが、男子ゴルフでは51歳にして、ツアー初優勝を飾ったプロがいる。森田徹。27歳でプロテストに合格し、49歳までにレギュラーツアーで獲得した賞金額は1842万6125円。一転、今季シニアツアーでは、悲願の1勝を含めて出場10試合で1357万4886円を稼いでいる。丸山茂樹ら同学年のプロは全盛期を過ぎて久しいが、森田は「シニアで自分のピークが来た」と胸を張る。勤務していたゴルフ場からも離れ、自分の腕ひとつで勝負する男の素顔に迫った。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 「ゴルフはお金がかかる」を覆す歩み 女子ゴルフ界話題の双子姉妹を育てた父の方針

    2021.09.23

    19歳の岩井ツインズ。今、女子ゴルフ界に新風を吹き込んでいる姉妹だ。今月、妹・千怜(ちさと)と姉・明愛(あきえ)でステップ・アップ・ツアー2試合連続優勝。ルーキーながら国内ゴルフ史上初の快挙を成し遂げた。父は公務員、母は看護師の一般的な家庭に育った2人だが、どうやって優れたフィジカル、技、メンタルを手にしたのか。その歩みに迫った。(文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • ゴルフ界初の双子V 岩井明愛、土壇場で強気の水切りショット「初めてで緊張した」

    2021.09.19

    女子ゴルフの下部ツアーに相当する「ステップ・アップ・ツアー」の山陽新聞レディース最終ラウンド(R)が19日、岡山・東児が丘マリンヒルズGC(6367ヤード、パー72)で行われた。単独首位スタートの19歳・岩井明愛(あきえ)は6バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの70で回り、通算8アンダー。2位に1打差で初優勝を飾った。同ツアーの前戦・カストロールレディース(1~3日)では、双子の妹・千怜(ちさと)が初優勝。レギュラーツアーも含め、国内では史上初の姉妹2試合連続優勝の快挙を成し遂げた。この日、千怜は5オーバーで54位だった。

  • 22歳年下を「憧れ」と言える44歳 大山志保が後輩に残したい「長くプレーできる」希望

    2021.09.14

    12日まで行われた女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯で、44歳の大山志保(大和ハウス工業)は通算14アンダーの3位。優勝した稲見萌寧(都築電気)には及ばなかったが、最終日までV争いを盛り上げた。実績十分な元賞金女王は、20代の選手に対しても「憧れ」を口にするなど謙虚な姿勢を貫く。大会を取材した記者が、ベテランとなってもハイレベルで頑張れる理由を尋ねてみた。(文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 完璧主義の稲見萌寧、メジャー初優勝も「ご褒美」に興味なし「また練習するだけです」

    2021.09.12

    女子ゴルフ国内ツアーのメジャー大会、日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の最終ラウンド(R)が12日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。東京五輪銀メダリストの稲見萌寧(都築電気)が8バーディー、ボギーなしの64で通算19アンダー。大会新記録で、自身初のメジャー大会優勝を飾った。年間賞金ランクもトップに立ち、女子ゴルフ界の“突き抜けた存在”になってきたが、真の目標は「圧倒的に強い選手」。完璧主義者の22歳は、さらに練習とトレーニングを積む決意を口にした。(文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集