[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

THE ANSWER編集部・柳田 通斉の記事一覧

  • 脳腫瘍だったゴルフ藤田さいきの夫 12月から本格治療へ「今よりいい状態で戻ります」

    2022.11.29

    女子ゴルフの藤田さいき(チェリーゴルフ)が28日、インスタグラムを更新し、夫でマネジャーの和晃さんが脳腫瘍の治療に入るため、オフの仕事を断っていることを報告した。和晃さんは長年、ツアーに帯同し、運転、料理、マッサージなどを担当。藤田は20日に11年35日ぶりのツアー通算6勝目を飾った際、涙ながらに感謝していた。和晃さんは藤田の勧めで検査を受け、今年7月に腫瘍が見つかったことなどを語った。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 女子ゴルフで生まれた「通算+35」の深層 首の寝違えから“スイングの沼”に陥るまで

    2022.11.28

    女子ゴルフの今季国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは27日、首位で出た年間女王の山下美夢有(加賀電子)が優勝を飾り、幕を閉じた。一方で、同学年の西郷真央(島津製作所)は大会ワーストコース記録の通算35オーバーの最下位で終了。今季は開幕戦でツアー初優勝を飾り、序盤は出場10試合5勝。7月の海外メジャー・エビアン選手権では3位に入っただけに衝撃的な結果だった。原因は本人も認めた「第1打の恐怖」。今季の最終ラウンドを終えた後は、スイングに悩んできたことを告白した。以下はその一問一答で、ツアー通算6勝でスランプ経験者の天沼知恵子は「まずは、体と心の状態を整えては」と提案した。 (取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • POに負けても勝みなみ、渡米前日に1800万円獲得でニヤリ「コレもかかるし良かったです」

    2022.11.27

    女子ゴルフの今季国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ最終日(6487ヤード、パー72)が27日、宮崎CCで行われた。今季2勝の勝みなみ(明治安田生命)は、年間女王の山下美夢有(加賀電子)とのプレーオフに敗れて、2位に終わった。だが、6位から出て9バーディー、2ボギーの65で回って通算15アンダー。持ち味の爆発力を発揮し、大会を盛り上げた。明日28日には渡米し、米ツアー最終予選会(QS)に挑戦。圧倒的な飛距離と勝負強いパット力を武器に世界への扉を開く決意だ。

  • 最年少女王・山下美夢有、涙の最終戦V 来季目標は「今季の自分超え」「海外の試合優勝」

    2022.11.27

    女子ゴルフの今季国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ最終日(6487ヤード、パー72)は27日、年間女王の21歳・山下美夢有(加賀電子)が通算15アンダーで並んだ勝みなみ(明治安田生命)とのプレーオフを制し、今季5勝目を飾った。史上16人目の年間メジャー2勝とともに、目標だった年間平均ストローク60台を69.9714で達成。19年に69.9399を記録した申ジエ(韓国)以来2人目、日本選手では初の快挙となった。最多年間獲得賞金も2億3502万967円で15年のイ・ボミ(2億3049万7057円)を上回り、来季の目標を「今年の自分を超えたい」「海外の試合で優勝」に設定した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 渋野日向子、今季最終戦66締めも今年は「悔」の1年と吐露「今は自信を失っている状態」

    2022.11.27

    女子ゴルフの今季国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ最終日(6487ヤード、パー72)が27日、宮崎CCで行われた。23位で出た渋野日向子(サントリー)は、7バーディー、1ボギーの66で回って通算7アンダーとして、ラウンド(R)終了時で暫定10位。シーズンの最後に好プレーを見せたが、最終18番パー4をボギーにしたことも踏まえ、「もったいない1年」と表現した。

  • 34歳菊地絵理香、苦手コースで3位浮上 4か月かけた「7番ウッド投入」でメジャー初Vへ

    2022.11.26

    女子ゴルフの今季国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ第3日(6487ヤード、パー72)が26日、宮崎CCで行われた。4位で出た菊地絵理香(ミネベアミツミ)が、7バーディー、1ダブルボギーの67で回って通算12アンダーとし、首位に1打差の3位に浮上した。ツアー5勝で今季も1勝の34歳。今大会は10年連続10度目出場だが、過去9度はトップ10入りがなく、苦手コースを攻略するためにさまざま調整をしてきたという。メジャー出場は今大会で53試合目。勝てばツアー史上最多出場での悲願達成になる。首位には、通算13アンダーで山下美夢有(加賀電子)とイ・ミニョン(Q CELLS)が立っている。

  • 西村優菜、3打差5位浮上「メジャーなので勝ちたい」 翌週米ツアー予選会も最終日に全集中

    2022.11.26

    女子ゴルフの今季国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ第3日(6487ヤード、パー72)が26日、宮崎CCで行われた。8位で出た西村優菜(スターツ)が、5バーディー、ボギーなしの67で回って通算10アンダーとし、5位に浮上した。翌週には、米ツアー最終予選会(QS)を控えているが、「メジャーなので勝ちたい気持ちが強い」とキッパリ。明日の最終日までは今大会に全集中し、通算13アンダーで首位を走る山下美夢有(加賀電子)とイ・ミニョン(Q CELLS)追い、競り勝つ意欲を高めている。

  • 渋野日向子、後半崩れて23位に後退 消えた前向き発言「何も進んでいない感覚でやばい」

    2022.11.26

    女子ゴルフの今季国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ第3日(6487ヤード、パー72)が26日、宮崎CCで行われた。17位から出た渋野日向子(サントリー)は、1バーディー、3ボギーの74で通算1アンダーとし、23位に後退。ホールを追うごとにショット、パットの調子を落とす展開で前向きな材料が乏しい中、「1年があっという間に過ぎる」という発言も飛び出した。

  • 2位セキ・ユウティン 最終戦初出場なのに「慣れていますから」と言える理由

    2022.11.25

    女子ゴルフの今季国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ第2日(6487ヤード、パー72)が25日、宮崎CCで行われた。2位で出たセキ・ユウティン(ミツウロコグループホールディングス)は、5バーディー、2ボギーの69で回って通算8アンダーとし、2位をキープした。中国でゴルフを覚えたセキは、多くの選手が苦戦の高麗グリーンに「慣れていますから」と言い、優勝狙いを宣言した。首位は通算11アンダーのイ・ミニョン(Q CELLS)で、首位で出た年間女王の山下美夢有(加賀電子)は、70で回って通算8アンダーの2位に後退した。

  • 渋野日向子17位後退で“謝罪”「下を向くこと多く…」 18番は「クソみたいなショット」

    2022.11.25

    女子ゴルフの今季国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ第2日(6487ヤード、パー72)が25日、宮崎CCで行われた。10位で出た渋野日向子(サントリー)は、3バーディー、3ボギーの72で回って通算イーブンパーとし、17位に後退した。1番パー4からボギーを打つ苦しい展開となり、笑顔も少ないラウンド。ギャラリーを楽しませることを信条とする本人も「下を向くことが多くて申し訳ない」と反省した。首位は通算11アンダーのイ・ミニョン(Q CELLS)で、首位で出た年間女王の山下美夢有(加賀電子)は、70で回って通算8アンダーの2位に後退した。

  • 勝みなみ、大会タイ64で27位→4位浮上 渋野日向子いわく「クセが強い」グリーンを攻略

    2022.11.25

    女子ゴルフの今季国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ第2日(6487ヤード、パー72)が25日、宮崎CCで行われた。27位から出た勝みなみ(明治安田生命)は、8バーディー、ボギーなしの64。大会コース記録タイをマークし、通算7アンダーで4位に浮上した。勝は大会翌日に渡米し、米ツアー最終予選会(QS)を受験予定。優勝を手に勝負の場に乗り込む思いでいる。首位は通算11アンダーのイ・ミニョン(Q CELLS)で、10位で出た渋野日向子(サントリー)は通算3アンダーで17位に後退した。

  • 古江彩佳、今年も「大会期間中は食べません」と宣言した宮崎名産 その理由は「英語で…」

    2022.11.23

    女子ゴルフの国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(6487ヤード、パー72)は24日、宮崎CCで開幕する。23日は、今季米ツアーを主戦場にした古江彩佳(富士通)が会見。宮崎の名産を食べることを楽しみにしながらも、「試合中、食べないことにしています。アメリカでも」と話した。その真意とは……。

  • 渋野日向子、「めっちゃ眠くなった」強行日程で国内最終戦参戦「出場権あるのに出ないのは…」

    2022.11.23

    女子ゴルフの国内ツアー最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(6487ヤード、パー72)が24日、宮崎CCで開幕する。前日23日は、渋野日向子(サントリー)が会見。今大会については欠場を宣言していたが、急きょ参戦を決意。「出場権があるのに出ないのはどうなのか」など“心変わり”の理由を語った。

  • 11年ぶりV藤田さいき支えた所属先社長 「勝ってほしい」のに生中継を見なかった理由

    2022.11.22

    20日まで行われた女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスでは、藤田さいき(チェリーゴルフ)が11年35日ぶりのツアー通算6勝目を飾った。22日に37歳となったベテラン。1988年のツアー制施行後では、史上2番目のブランク優勝だった。藤田を支えてきた一人が所属先であるチェリーゴルフの南野剛之社長。元PL学園野球部で49歳の南野さんは、藤田がすさまじい努力してきたことを知る。勝ってもらいたい一心で意外な行動に出ていた。(文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 藤田さいき、涙ながらに感謝した夫の献身11年 包丁も持たせず、遂に果たしたV記念撮影

    2022.11.21

    女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは20日、愛媛・エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で最終日が行われ、1打差の2位で出た36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)が4バーディー、ボギーなしの67の通算21アンダーで優勝した。2017、19年賞金女王の28歳・鈴木愛(セールスフォース)を逆転し、11年35日ぶりのツアー通算6勝目。1988年のツアー制施行後では、史上2番目のブランク優勝となった。会見では、長く側で支えてくれた1歳上の夫・和晃さんへの感謝を涙ながらに語った。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

  • 11年ぶりV藤田さいきを支えた亡きキャディー「ピヨさん」の言葉 「絶対に治すから」

    2022.11.21

    女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは20日、愛媛・エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で最終日が行われ、1打差の2位で出た36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)が4バーディー、ボギーなしの67の通算21アンダーで優勝した。2017、19年賞金女王の28歳・鈴木愛(セールスフォース)を逆転し、11年35日ぶりのツアー通算6勝目。1988年のツアー制施行後では、史上2番目のブランク優勝となった。

  • 史上最小146cmでプロテスト合格、大須賀望の秘話 救世主は娘を亡くしたプロゴルファー

    2022.11.16

    国内女子ゴルフツアーが活況を呈する中、今年も8月から日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)プロテストが実施された。今月1~4日には、茨城・大洗GCで最終プロテストが行われ、18位タイまでの計20人が合格者となった。1次予選からの総受験者数は、計649人で3.08%の超難関。突破に至るまでには、それぞれのドラマがある。身長146センチの大須賀望(おおすが・のぞみ)は、4度目の受験で突破。史上最も背が低い合格者は、娘を亡くしたプロゴルファーとの出会いで成長していた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

  • 入れ替わりの激しい女子ゴルフ界 時代の変化に適応し続ける36歳上田桃子の「凄み」

    2022.11.14

    女子ゴルフの国内ツアー・伊藤園レディスは13日、千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)で最終日が行われた。強い風と雨で上位勢は耐える展開になり、山下美夢有(加賀電子)の優勝スコアは通算12アンダーに。1994年の第14回大会から同コースで開催されているが、今年は第2日まで「伸ばし合い」となり、3日間競技で「カットライン=2アンダー」は今季4度目。要因はツアー全体のレベルアップで、それに対応していく36歳上田桃子(ZOZO)の“凄さ”を再確認した大会となった。(取材、文=THE ANSWER編集部・柳田通斉)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集