[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧、東京五輪銀メダルで子供人気アップ 応援受け7位発進に「凄く楽しかった」

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕した。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は、3バーディー、1ボギーの70で2アンダー。首位に6打差の7位につけた。ラウンド後の表情も明るく、ドライバーショットに関しては「今季で一番良かったです」と振り返った。昨季までのトレーナーと再契約し、心身ともに充実。残り3日で、首位で8アンダーの山下美夢有を追う。

7位発進した稲見萌寧【写真:Getty Images】
7位発進した稲見萌寧【写真:Getty Images】

国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯初日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕した。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は、3バーディー、1ボギーの70で2アンダー。首位に6打差の7位につけた。ラウンド後の表情も明るく、ドライバーショットに関しては「今季で一番良かったです」と振り返った。昨季までのトレーナーと再契約し、心身ともに充実。残り3日で、首位で8アンダーの山下美夢有を追う。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 稲見はティーショットの手応えを口にした。

「本当に安定していて、無茶苦茶良かったです。なので、(第2打が)フェアウェーから打てていました。ティーショットは今季、一番良かったと思います」

 要因はフィットするシャフトを見つけて、急きょ、前日4日の練習ラウンドから付け替えたからだという。ギア(道具)について、稲見は「100%、いいと思わないと替えない」主義だが、「左にいくミスがないと確信しました。N.S.PROさんのシャフトで、それがハマった感じです」と表現した。

 体の不安要素が取り除かれたのも、プラスに働いた。最近になって昨季までのトレーナーと再契約。今季中は体のケアとトレーニングを指導してくれることになり、「信頼を置いている人なので、安心感が出てきました」。

 さらには、今季最多7325人のギャラリーも後押しになった。稲見は昨夏の東京五輪銀メダル獲得で、ゴルフファン以外の知名度もアップ。「特に子供たちから覚えてもらって、応援されるようになりました」と喜んでいたが、「こどもの日」のこの日も子供たちから応援を受け、「すごく楽しかったです」と声を弾ませた。

 今季は出場9戦中トップ10入り3度。優勝がなく、波に乗れていない感があるが、ようやく復活の兆しだ。首位とは6打差も、難しくスコアの動きやすいコースだけにチャンスは十分。稲見が虎視眈々と頂点を狙う。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集