[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今季7戦4勝の西郷真央、まさかの「79」で104位発進「パットが…原因を突き止めたい」

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕した。今季出場7戦4勝で優勝候補の西郷真央(島津製作所)は、1バーディー、6ボギー、1ダブルボギーの79で7オーバー。首位と15打差の104位と大きく出遅れた。不振の原因はパット。「タッチが合わなかった」とし、「明日、朝イチの練習で修正する」と言った。首位は西郷と同じ2001年度生まれの山下美夢有(加賀電子)で、64の8アンダー。大会コースレコードを更新した。昨年賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は、70の2アンダーで7位につけている。

首位と15打差の104位と大きく出遅れた西郷真央【写真:Getty Images】
首位と15打差の104位と大きく出遅れた西郷真央【写真:Getty Images】

国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕した。今季出場7戦4勝で優勝候補の西郷真央(島津製作所)は、1バーディー、6ボギー、1ダブルボギーの79で7オーバー。首位と15打差の104位と大きく出遅れた。不振の原因はパット。「タッチが合わなかった」とし、「明日、朝イチの練習で修正する」と言った。首位は西郷と同じ2001年度生まれの山下美夢有(加賀電子)で、64の8アンダー。大会コースレコードを更新した。昨年賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は、70の2アンダーで7位につけている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 最終9番パー4もボギー。7オーバーでホールアウトすると、西郷は夕日を浴びながらラウンドを振り返った。

「ショットは良くてマネジメントもできていましたが、最初からパットのタッチが合わず、最後まで続いてしまいました。バーディーチャンスからも3パットをして、スコアを落としました。カップに蹴られたパットもありましたが、全ての自分のせい。仕方ないです」

 今季出場7戦4勝。前週のパナソニックオープンレディースでも最終日に首位2打差から出て逆転優勝を果たした。前日には、メジャー初優勝への強い思いを語っていたが、今季の自身ワーストの79。4度の3パットが響き、同じ「新世紀世代」で首位の山下とは15打差となった。初日にして悲願のメジャー初優勝は厳しい状況に追い込まれ、西郷は率直に言った。

「もちろん、悔しいですが、また同じプレーをしないように原因を突き止めたいです。明日の朝イチで練習をして、修正したいと思います」

 予選を通れば、連続アンダーパー試合のツアー記録(現在30試合)更新の可能性はつながる。20歳の第一人者は自分と闘い、カムバックを狙う。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集